占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:89 hit、合計:17,723 hit

66 対ウズベキスタン戦3 ページ22

その少年は、続けて言う。


「剛陣先輩が出るのはまだ早い。あの程度の雑魚に、先輩のファイアーレモネードを使う必要はありませんよ」


「あ?…お、あぁ!野坂!!」

「ちっ、面倒な奴が帰ってきたぜ」

「でも、うれしそうだな、灰崎」


「んなわけねえ!」

西蔭は野坂と呼ばれた少年に近づき、離している。どうやら、あの二人は仲がよさそうだ。
他のみんなも嬉しそうな顔をしている。

野坂悠馬。
確か、選手には登録されていたけど、今まで見なかったよな。


「手術をしてきたんだよ、アメリカアで」

「え?・・・あ、聞こえてたか?」


「ばっちり」

野坂はにこやかに笑う。

「あっはは…。…えっと、初めましてAだ。
よろしくな、野坂」

「こちらこそ、よろしく。白き姫」


「・・・なんだその名前」

「知らないのかい?君は突然現れた天才、白き姫として有名なのに」

なにそれ聞いたことない。
誰だそんな変な名前考えた奴は…。

「天才でも姫でもないけど、お手柔らかに頼むよ」




「何とか間に合ったようですね、野坂君。
そして、円堂君のピンチヒッターとして、キャプテンをお願いします。」

「はい、精一杯頑張ります」

杏奈が監督からキャプテンマークを受け取り、野坂に渡す

「はい」

嬉しそうにキャプテンマークを渡す杏奈。
いつも無表情な時が多いため、あそこまで嬉しそうなのは珍しい

「ありがとう」


大きな戦力、野坂を入れたみんなの表情は前半と比べどこか落ちついている。
特に、西蔭は落ち着いているだけでなく誰よりもいっそう、気合を入れているように見えた


「みんな、いくよ!」

67 対ウズベキスタン戦4→←65 対ウズベキスタン戦2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (22 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , オリオンの刻印 , イナオリ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 雪奈さん» 影山はアレスで姿を消してから何も出てきてないので気になりますよね。初の黒幕が女っていうのも楽しみですね! (8月4日 21時) (レス) id: 55883ffc3f (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 今回も面白かったです!!黒幕・・・私はフロイ達のお母さんか、影山かなーとは思ってるんですけど、多分流石に影山は無いだろうってことで、フロイ達のお母さんが黒幕に1票! (8月4日 17時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 雪奈さん» コメントありがとうございます。そう言って貰えると、とても嬉しいです!これからも頑張ります (8月2日 18時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 天馬とフェイが出てくれたことが凄く嬉しいです!続きも楽しみに待ってますね! (8月2日 16時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ◎SaEさん» 扱いに関しては賛否ありますよね…。主人公と天馬やフェイ達はもっと絡ませたいと思っているので頑張ります! (7月20日 19時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。