占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:96 hit、合計:17,877 hit

59  ページ15

翌日。
私達はグラウンドで、それぞれ練習をしていた。

「いいぞ、みんな!そのまま攻めろ!」

皆に指示を出す円堂を、充は睨んでいる。
そしてその充を、灰崎とヒロトが睨んでいた

「次の狙いは円堂さんか?あいつの好きなようにはさせねぇ」

灰崎がそう言った時、

「はーい、みなさーん、自由時はそれまで!
次の相手に向けた特訓を始めますよー!」


今までずっとゲームをしていた監督がそう言った。
自由時間って…

「はぁ?自由時間だ?ちゃんと練習してただろうだよ!」

剛陣が不満そうに声をあげる

「次の相手、ウズベキスタンはスタミナが強力なチーム。それに対する特訓が必要なわけです」

「では、チーム分けを発表します」








「…なにこれ」

皆を4つのチームに分け、それぞれ違う色のはちまきをしている私達。
ちなみに私は黄色チームでほかに円堂、タツヤ、剛陣というメンバーだ。


「今から皆さんにはチームに割れて、リレー対決をしてもらいます」

「リレー?」

「スタミナの特訓じゃないのか…?」


「スタミナのある選手を打ち崩す方法が、スタミナを使うとは限りませんよ?」


監督の説明によると、1人15メートルずつ、四角形の変を走り、バトンを繋げる。
…これだけ短いリレーとなると、スタミナより、瞬発力重視か?
 

「チームの出発点には、ティッシュが置いてあります。最後の走者は、バトンを渡したら、ティッシュを取ってください。

ティッシュがなくなるまで続けますよ」


「なにそれ面白そう」

「嘘だろ、A…」

「そんな特訓やったことなんてないだろ?わくわくするじゃないか」


「Aさんって、もの好きなんだね…」




――――――――――――――――

ティッシュ1箱が大体150組〜200組
200と考えて、200周するので、一人が走る距離は200*15で3000

つまり1人当たりの走る距離は、3キロ

計算してめっちゃ走るやん!って書こうと思ったら、3キロという、数字だけ見たらそこまでの距離でもなかった



計算が合ってるかは知りません。教えて頭いい人。

60→←58



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
46人がお気に入り
設定キーワード:イナズマイレブン , オリオンの刻印 , イナオリ   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 雪奈さん» 影山はアレスで姿を消してから何も出てきてないので気になりますよね。初の黒幕が女っていうのも楽しみですね! (8月4日 21時) (レス) id: 55883ffc3f (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 今回も面白かったです!!黒幕・・・私はフロイ達のお母さんか、影山かなーとは思ってるんですけど、多分流石に影山は無いだろうってことで、フロイ達のお母さんが黒幕に1票! (8月4日 17時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 雪奈さん» コメントありがとうございます。そう言って貰えると、とても嬉しいです!これからも頑張ります (8月2日 18時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)
雪奈(プロフ) - 天馬とフェイが出てくれたことが凄く嬉しいです!続きも楽しみに待ってますね! (8月2日 16時) (レス) id: 08c5f26fea (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ◎SaEさん» 扱いに関しては賛否ありますよね…。主人公と天馬やフェイ達はもっと絡ませたいと思っているので頑張ります! (7月20日 19時) (レス) id: ad3f440695 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年7月16日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。