占いツクール
検索窓
今日:85 hit、昨日:678 hit、合計:74,031 hit

01 ページ1

私の名前はるう。

名字は何故か思い出せない。


覚えているのは、私はとても身体が弱くて中学生に上がってすぐの頃には両親に看取られて病院で死んでしまったことだけ。

薄れていく意識の中で、パパとママの啜り泣く声だけが耳に残っている。



次に意識が浮上した時には薄暗い空間にいた。


私は小さな綿毛のような光になってふわりふわりと浮かんでいたんだ。

周りにもたくさんの小さな光が色んな色を纏って浮かんでいる。


私は何色なんだろうとぼんやりと考えていると、白い布を纏った何人もの人たちが現れた。

その人たちは1人1人、浮かんでいる光を選んで手の中に収めると、満足そうに微笑んで消えていった。


白い布を纏った人はおじいさんだったり、おじさんだったり、時には若いお姉さんだったりしたけど、みんなとても優しそう。

浮かんでいた光はひとつ、またひとつと消えていって、とうとう周りは真っ暗になり最後には私だけが残ってしまった。



私は選んでもらえない、愛されなかったと、とても悲しい気持ちになった。

すると、最後まで動かなかったお兄さんがゆったりと私の前に歩いてきた。




「おいで。私の愛しい子」




そう口を開くと、私はお兄さんの手の平に落ちていく。

見上げると、口元に微笑みを浮かべたお兄さんは、「幸せにおなり」と言ってくれて、そこで私の意識はまた薄れていった。



次に目が覚めた時には乳白色の膜のようなものに包まれてプカプカとその中で浮いていた。

まるで卵の中のよう。


何時間か何日か、時間の感覚が掴めないくらい閉じ込められて、その間も何故か安心するようなふわふわとした感覚に囚われてうとうと。

お母さんのお腹の中にいる赤ちゃんってこんな感じなのかなぁ?


うとうとうと。

ふわふわふわ。


ずっとこの中にいられたら、どんなに幸せなんだろう。


もしかして本当に私、女の人のお腹の中にいて、生まれ変わっちゃったりして、なんて思い始めた。

そしたら私、今度はどんなお家に生まれて、どんな両親に育てられて、どんな人生を歩んでいけるかな?


そんな、ここから出た後のことを考え始めた頃、私を覆っていた膜が、ふよふよと柔らかい光になって私を包み込み始めた。

02→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (588 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
229人がお気に入り
設定キーワード:溺愛 , 愛され , 幼女   
作品ジャンル:ファンタジー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

瑠璃色の夢(プロフ) - kuroさん» いつも嬉しいお言葉とお心遣いありがとうございます^^そうですよね。マイペースで頑張っていきたいと思います♪今後もよろしくお願いいたします(*^^*) (3月24日 20時) (レス) id: d25e595259 (このIDを非表示/違反報告)
kuro(プロフ) - いつも楽しみにさせてもらってます!作品を作るのは大変ですがご自分のペースで頑張って下さい!楽しみと応援してます! (3月24日 19時) (レス) id: 922f0caa1e (このIDを非表示/違反報告)
瑠璃色の夢(プロフ) - アメフラシさん» 楽しみにお待ちしておりますね♪よろしくお願いいたします(*^^*) (3月20日 16時) (レス) id: d25e595259 (このIDを非表示/違反報告)
アメフラシ(プロフ) - 瑠璃色の夢さん» ありがとうございます!可愛く描けるよう頑張ります(`・ω・´) (3月20日 15時) (レス) id: c908177129 (このIDを非表示/違反報告)
瑠璃色の夢(プロフ) - アメフラシさん» 嬉しい感想をありがとうございます^^わあ!それはとても嬉しいです♪是非お願いいたします(*^^*) (3月20日 14時) (レス) id: d25e595259 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:瑠璃色の夢 | 作成日時:2020年1月29日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。