占いツクール
検索窓
今日:116 hit、昨日:142 hit、合計:96,883 hit

4 ページ5

「ふふ・・・。ね、翔くん、また歌ってる」

「えっ、ほんと?気付かなかった・・・」

「ほんと、この歌が好きなのな」

「うん、すごく好き」



二人で学校に向かう道すがら、ふんふんと無意識に口ずさんでいたのは、あの日智くんが歌ってくれた、夢の国の歌

あれから何かにつけて智くんに歌ってほしいとねだっては、何度も聴いているうちに、僕もすっかり覚えてしまっていた



「でも、学校では歌うなよ」

「わかってるよ。智くんこそ、授業中に居眠りしちゃだめだよ?」

「へいへい。・・・そんじゃ、また帰りにな」

「うん。ばいばい」




教室が違う智くんとは、学校に入ってすぐの階段の前で別れることになる

智くんはそのまま二階に上っていき、僕はその背中が見えなくなるまで見送ってから、一階の奥にある自分の教室にとぼとぼと向かう



思わず下を向く視線をどうすることもできず、そおっと教室の扉を開けたら


「っ、いた・・・」

「あったりー!」

「あーあ、お前また来たのかよ。落ちこぼれ」

「ほんと、なんでこんな薄汚い庶民と一緒に学ばないといけないのかしら」

「言うなって。またすぐ泣くぜ、こいつ」




あはははは、と教室中が嫌な笑いに包まれて、僕はぎゅうっとシャツの裾を握りしめる


扉を開けてすぐ、僕に向かって飛んできた分厚い本

見事にぶつかったおでこがじんじんと痛むけれど、そのまま立ち尽くしていても碌な目に合わないことは、よく知っている

重い足をどうにか動かして、一番後ろの自分の席に向かった





.


.




勉強は好きだ

村で家の手伝いをするだけじゃ分からないことを、たくさん知ることが出来るから



学校も嫌いじゃない

智くんと二人、いろんなことを話しながら通う時間は、あっという間に過ぎてしまうほどだ




でも、教室の、この空間は好きじゃない


僕が何かをする度に、くすくすと嫌な笑い声が波紋のように広がる

僕の薄汚れた服と違って、きれいな制服に身を包んだクラスメイト達

彼らはみんな上流階級の、いわゆる貴族と呼ばれる存在

それに対して、本当なら学校に通うことなんて出来ない、小さな村の農家の生まれの僕

彼らが僕のことを虫けらでも見るかのように扱うのも、きっと仕方ないこと・・・なんだと、思う

5→←3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (219 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
361人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅり(プロフ) - きよさん» きよさん、コメントありがとうございます! 翔くんについつい辛い役回りをさせてしまいがちで、申し訳ない限りです。 やっとこさ移行が完了しましたので、是非またお立ち寄りいただければと思います(*^^*) (9月22日 18時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
きよ(プロフ) - しゅりさん、お疲れさまです。お話し楽しく読ませてもらっています。翔くん健気すぎますね。身代わりになったとき智くんの気持ちを思うと辛いです。ハッピーエンドになると嬉しいですが、続きを妄想しながら更新お待ちしています。 (9月19日 14時) (レス) id: ae2dee5c90 (このIDを非表示/違反報告)
しゅり(プロフ) - あかりさん» あかりさん、コメントありがとうございます!一応金曜日頃までは更新予定ですので、引き続き足を運んでもらえたら嬉しいです(*^^*) 数日お休み頂いたら、また毎日更新頑張ろうと思いますので、是非楽しみにしていて下さい! (9月16日 21時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
あかり - 毎回更新されるのを楽しみにしています。移行のためしばらくお休みされるのは残念ですが、待つ時間も楽しみたいと思います。 (9月16日 14時) (レス) id: 43ef596bac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅり | 作成日時:2020年8月30日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。