占いツクール
検索窓
今日:206 hit、昨日:148 hit、合計:97,121 hit

28 ページ29

.


「もう、また下を向いて歩いてるの?前向かないと危ないわよ、翔くん」



突然聞こえた声に、慌てて顔をあげれば、くすくすと笑いながら僕を見る、優しい瞳


「おばさん・・・」

「今日は随分遅いのね。お母さん、心配してたわよ?」


少し疲れた表情の、それでも優しく微笑む智くん家のおばさんに、僕は思わず言葉が詰まる



「あ・・・その、少し、調べ物してて」

「ふふ、翔くんは本当に勉強熱心ね。智にも見習ってほしいくらいよ」


そう言って、懐かしむように遠くを見つめる瞳には、何もかもを受け入れたような色が見える




村から続く道の途中、いつもの大きな木から少し進んだところ

おばさんが立っていたのは、その道の途中にいくつかある、小さな休憩所のうちの一つ

ここの休憩所のすぐそばには大きな池があって、小さい頃、智くんとよく一緒に遊んでいた場所でもあった




「あの、おばさん・・・」

「ん?なあに?」




どうしよう


どきどきと胸が痛い



おばさんに、言わないといけないのに

智くんの言葉を、最後のお別れの一言を、僕が伝えないといけないのに






「・・・おばさんは、どうしてこんなところに?」



だけど、言ってしまったら最後、全てを認めることになりそうで

智くんを救う方法が無いことを、僕が受け入れたことになりそうで

何より、それを告げた後のおばさんの表情を見るのが怖くて



どうしても、言葉が出てこない

29→←27



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (219 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
361人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

しゅり(プロフ) - きよさん» きよさん、コメントありがとうございます! 翔くんについつい辛い役回りをさせてしまいがちで、申し訳ない限りです。 やっとこさ移行が完了しましたので、是非またお立ち寄りいただければと思います(*^^*) (9月22日 18時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
きよ(プロフ) - しゅりさん、お疲れさまです。お話し楽しく読ませてもらっています。翔くん健気すぎますね。身代わりになったとき智くんの気持ちを思うと辛いです。ハッピーエンドになると嬉しいですが、続きを妄想しながら更新お待ちしています。 (9月19日 14時) (レス) id: ae2dee5c90 (このIDを非表示/違反報告)
しゅり(プロフ) - あかりさん» あかりさん、コメントありがとうございます!一応金曜日頃までは更新予定ですので、引き続き足を運んでもらえたら嬉しいです(*^^*) 数日お休み頂いたら、また毎日更新頑張ろうと思いますので、是非楽しみにしていて下さい! (9月16日 21時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
あかり - 毎回更新されるのを楽しみにしています。移行のためしばらくお休みされるのは残念ですが、待つ時間も楽しみたいと思います。 (9月16日 14時) (レス) id: 43ef596bac (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅり | 作成日時:2020年8月30日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。