占いツクール
検索窓
今日:14 hit、昨日:106 hit、合計:52,319 hit

5 ページ7

.


.


「ね、智くん」

「うん?」

「これ・・・」



プレゼント、と言って差し出されたのはあの紙袋

受け取って中を見れば、丈夫そうな木箱が入っていた



取り出して蓋を開ければ、きらりと月明かりを浴びて輝く硝子製のグラスが、緩衝材の中に入れられていた


薄い水色の硝子に、濃淡の異なる青が幾筋か走っていて、そしてそれはほんの少しだけ不恰好だった

だけど、そのグラスは不思議と俺の手によく馴染む気がした




「綺麗だな・・・」

「俺が、作ったの。と言っても、ほとんど母さんに手伝ってもらいながらだけど」

「まじ?すげえな、翔くん」



その言葉に驚いて、またじっくりとグラスを眺め出した俺に、翔くんは恥ずかしそうに俯きながら口を開いた



「この一夏、智くんと過ごせて本当に楽しかったから。だからね、お礼に何か渡せないかって思って・・・」

「うわあ、まじで嬉しい。ありがとう、翔くん!」

「良かった、喜んでもらえて」

「絶対大事にするから」

「うん、ありがとう」



いたく気に入った俺の様子に照れたのか、翔くんの耳は赤く染まっていた


俺の視線に気づいたのか、外してたお面を顔に被せてしまったから、それも直ぐに見えなくなってしまったけど

6→←4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (185 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
327人がお気に入り
設定キーワード: , , OS
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

suzurinrin(プロフ) - しゅりさん、新しいお話拝読させていただきました。切なくて胸がギュッとくるお話でしたが最後はいろんな想像が膨らみ温かな気持ちになりました。しゅりさんの創られるお話、本当に大好きです。ゆっくりで構いません。これからもどうか執筆 続けてください。待ってます (9月7日 12時) (レス) id: 358d000b2c (このIDを非表示/違反報告)
しゅり(プロフ) - セツさん» セツさん、コメント頂きありがとうございます!素敵な感想を頂けて作者冥利に尽きます。 時間の余裕があれば、彼らのお話をまだまだ紡いでいきたいと思います。長くお待たせしてしまうかもですが、楽しみにして頂ければ幸いです。お立ち寄り頂き有難うございました! (9月6日 19時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
しゅり(プロフ) - きよさん» 私も彼らのお話をまだまだ書いていきたいと思います。時間の余裕があれば続編or番外編も考えていますので、気長にお待ち頂ければ幸いです。 お立ち寄り頂きありがとうございました!これからも応援いただける様頑張ります! (9月6日 19時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
しゅり(プロフ) - きよさん» きよさん、コメントありがとうございます!何度も読んで頂けて嬉しい限りです。他の作品にも足を運んで頂けてるなんて光栄です。私も普段コメント出来ない人なので、お気持ち分かります。笑 (9月6日 19時) (レス) id: 9366a89cfd (このIDを非表示/違反報告)
きよ(プロフ) - しゅりさん、前回のコメント漢字が間違っていましたね。再開→再会でした(泣)恥ずかしいです。やはり何度読んでも切ないです。「雨宿り」のような続編、番外編、読みたくなります。なかなかコメントしないのにあつかましくて申し訳ないです。 (9月6日 11時) (レス) id: 7f433b7b81 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゅり | 作成日時:2019年9月5日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。