占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:13,331 hit

5.鼻歌まじり ページ6

.



今日は、翔くんが、ピアノの日だ。
私は、まだバスに乗り込まず、
スクールバス乗り場のベンチで
翔くんを待つ。
ドキドキとかじゃなく、
鼻歌まじりで、待つ。
一人っ子の私に、
可愛い弟が出来た気分だ。


最初少し警戒されてたけど、
今は、あたり前に、一緒にバスに乗る。


翔くんは忙しい。
サッカーにスイミング、
リトミック系の英会話に、
ピアノに、絵画教室…


私もひととおりやってきたから
話も弾む。
特にピアノは、あの曲のここがどうとか
こうとか、話がはずむ。

私がついこないだ弾いてた曲を
翔くんがもう弾いてたり、
リトミックの英語の歌を正確な発音で歌ったり
いちいち、言うことが理にかなってたり
こういうのを神童って言うのかと思うし、
年の差を感じさせないときもあるけど、

バスの中で寝ちゃう時は
ちゅーしてやろうかと思うくらい可愛い。

そんな関係が4〜5年続いた。


出会って3年目、私が中学生のとき
彼氏も出来たりしたけど
翔くんと私の距離感は変わらないでいた。

6.英語クラス1→←4.見つけた



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
104人がお気に入り
設定キーワード: , 櫻井翔 , 片想い
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:まゆら | 作成日時:2020年1月12日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。