占いツクール
検索窓
今日:5,209 hit、昨日:2,156 hit、合計:549,586 hit

9.さぁ悪巧みの時間だ ページ10

「ハッ、ハァッ…ハァ…!」


息切れと小さな足音ふたり分がやけに響く。
繋いだ右手は絶対に放さない。



エ「あっ…!」ドサ

「エリ!」



小さな少女には酷なことをおしつけてるのはわかってる。
もうエリも限界、ここからはわたしの根気勝負。ころんでしまったエリを抱っこして走り出す。



エ「おねえちゃん…!」

「大丈夫!わたしにしっかり掴まるんだよ…!」



うまくいって良かった。
でも安心するのはまだ全然はやい、これからがいちばん重要だ。






__









____





〜数十分前〜




「エリ、一緒にここを出よう。」



わたしが言い出したことで現状は急変した。

最初は戸惑っていたけど"信じてくれるか"ってあの時の質問はこれのことだよとつげれば首を縦にふってくれた。

ベッドの上でちょこんと座る。だけどこれからは本当に大事な話をするから、と言い聞かせた。



「いい?これから言うことをよく聞くんだよ。」

エ「うん。」



赤い瞳を見つめてわたしは話し出した。



「朝は必ず世話役のひとがわたしたちの様子を見に来るの、それはエリもわかるよね。」

エ「うん。」

「単純な話、そのときを狙う。」

エ「で…でも逃がしてもらえるかな、…あのひとこわい。」



うつむくその頭に手を置いて撫でる。



「そこは心配ないと思うよ。だってほら、よく考えてみて?そもそもわたしたちが"逃げる"なんて思ってもないんじゃないかな、あのひと。」

エ「なんでそういえるの?」

「だっていつも部屋へ入ってきたら扉は開きっぱなしだし、わたしたちの挙動なんてこれっぽっちも気にしてない。」



エリは難しそうにそれでも頷いてみせる。



「普通"逃げ出すかも"って警戒してたら扉はすぐ閉めるし、わたしたちの様子には気を配るでしょ?」

エ「うん…」



部屋から出るのは簡単だとおもう。でも問題はそのあとで、どうやってもこの地下から地上へ出るのはむずかしい。…出口へつながる扉は検討がついてる、出来ないわけじゃない。__何より



エ「…わたし、走れるかな…。」



__エリのためだ。
何よりもわたしはエリを"優先"する。



「走れなくなったらわたしが抱っこするよ。」

エ「…でも、」

「大丈夫、わたしは足腰強いし体力もあるんだからね!エリだってわたしがここにいる人たちに反抗的で暴れまくったときがあったの知ってるでしょ?」

エ「ふふふ、うん。」



冗談っぽくいうと不安げな顔から、笑みをこぼした。

10.逃げ出せ少女たち→←8.耐えてばかりで



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (645 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1744人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pino(プロフ) - 柚子の香りさん» 好評&コメントありがとうございます!ちなみにどの回のお話が良かったか聞いてもいいでしょうか…? (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - わぁおさん» コメントありがとうございます!頑張ります! (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
柚子の香り - 好きです!この話し神すぎですね!! (2月24日 11時) (レス) id: 3597434cca (このIDを非表示/違反報告)
わぁお - 凄いです!!前からの話にどんどん繋がっていて凄いです!!!これから先もっと楽しみになりました!!更新頑張ってください!! (2月22日 17時) (レス) id: 578a6cecc2 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - エリ大好きさん» 本当ですか…!夢主の感情やら何やら伝えられているか毎度不安ですが、よかったです。更新お待たせしました、コメントありがとうございます! (2月21日 23時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pino | 作成日時:2020年1月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。