占いツクール
検索窓
今日:1,577 hit、昨日:3,127 hit、合計:578,382 hit

43.自分のために。 ページ44

"自己犠牲の精神"

それはヒーローになるなら必ずついてくるモノ。



緑「僕は…君に伝えたいことがあるんだ。」



先輩と話した。
この子はエリちゃんの事となると異常なまでの執着を現す。



「なん、ですか?」



治崎も言っていた。

エリちゃんの幸せ__それを実現させるためなら…それこそ何を犠牲にしようと構わないというほどの。



緑「君は"自分"を大切にしないといけない。エリちゃんを重んじることを否定するわけじゃないよ、でも自分の命を捨てるような真似は_」

「……エリは、」

緑「?」



うつむく彼女の顔をうかがう。




「__幸せにならなくちゃいけないの。」




まるで彼女が自分に言い聞かせるような。自分の使命だというように、うつむいたまま呟いた。




「わたしは…何だってする。そのためなら、何だって。あの子には、笑っていてほしい。あの子が笑ってくらせる未来が…ほしい。」




ぐっと歯を噛みしめる。
ほら、やっぱり。
君はいつだってその"未来"に自分を加えないんだ。



「ヒーローが誰かをたすけるために戦って傷つくのとわたしのは一緒だよ。…だから、大丈夫。わたしは…大丈夫。」

緑「違う!」



びくりと肩が揺れた。



「ちょっと…!」

相「まあ待ってください。」



入口の看護師さんを先生が止める声。



緑「確かにヒーローは誰かのために戦って傷つく。だけどね、みんなそれは…"自分のために"やってることでもあるんだよ。」



考えたくも、言いたくもないけれど。
この子の心の奥底にこびりついたその考えは…きっといつか___君を死へ追いやる。

そしてそれを苦とも何とも思わない君を。
僕は…!



「それでも、わたしは…!」



この子たちは全然救われてやしない。
治崎の影がまだ…__この子たちは全然救われてやしない。



緑「ダメだ。」

「…!!」



その身に余るモノを背負い生きる。

普通は家族とはいえ他人のために"なんでも"出来るひとなんていない。

それもこんな少女に。



緑「"エリちゃんのために全てを捧げる"__そんなことは間違ってもしちゃいけない。君の人生は"君自身"のものなんだ。」



それが出来てしまうようになってしまった、この子は。



緑「彼女の幸福を築きたい気持ちはわかるよ。でもね、あくまでも…!」



小さな肩にのった自分の手に力をいれる。








緑「__"自分のために"生きなきゃダメだ…!」








そうだ。
今、それは君に一番必要なこと。

44.背を向けてばかり→←42.伝えたいことがあるんだ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (654 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1725人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pino(プロフ) - 柚子の香りさん» 好評&コメントありがとうございます!ちなみにどの回のお話が良かったか聞いてもいいでしょうか…? (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - わぁおさん» コメントありがとうございます!頑張ります! (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
柚子の香り - 好きです!この話し神すぎですね!! (2月24日 11時) (レス) id: 3597434cca (このIDを非表示/違反報告)
わぁお - 凄いです!!前からの話にどんどん繋がっていて凄いです!!!これから先もっと楽しみになりました!!更新頑張ってください!! (2月22日 17時) (レス) id: 578a6cecc2 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - エリ大好きさん» 本当ですか…!夢主の感情やら何やら伝えられているか毎度不安ですが、よかったです。更新お待たせしました、コメントありがとうございます! (2月21日 23時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pino | 作成日時:2020年1月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。