占いツクール
検索窓
今日:151 hit、昨日:781 hit、合計:686,120 hit

26.救いは ページ27

肌がびりびりする。
また、つよくなった。

金髪のお兄さんががんばってあんなにボロボロにしたのに、もうあんなに…。



治「悲しい人生だったな、ルミリオン。その子たちに…俺に関わらなければ___"個性"を永遠に失うこともなかった、夢にかかったままでいられた。」



下唇を噛む。



「おじさん…!おねがい、エリを連れて…みんなで逃げて…!!」

治「失って尚、粘って…そしてその結果がなかまを全員巻き込み全員死ぬだけなんてな。」ダッ



こっちに走ってきたあの男に緑のお兄さんが攻撃した。おじさんはずっとわたしたちと一緒に攻撃をさける。



「だめだよ!戦っちゃだめ…!緑のお兄さん!!」

サ「大人しくするんだ…!」



思わず身をのりだしてしまう。
それでもあのお兄さんは戦った、すると傍にいたおじさんも加勢しはじめる。



サ「こいつの相手は私がする!貴様はルミリオンとあの子たちを!!」

「だめ、行っちゃだめだよ…!!」



__死ぬ。
たくさん、死んじゃう。



緑「__了解です!」



すぐ傍まで走ってきた。



緑「Aちゃんエリちゃん!先輩!!動けますか!?」

ミ「…ああ…!余裕……だよね…!!」

「あの時の…お兄さん…、」

緑「…移動するね!」



呟くと何故かお兄さんは少し眉根を下げた。
そして壁を壊すと"少しでも距離を置いて"と言った。



エ「もう…いいです…」



わたしの服を掴むエリの手が強まる。



エ「ごめんなさい…。」



その小さな手にはすこし血がついてた。



ミ「!……サー!!!」

「!?」



後ろを振り返る。



「ああ…!!」



さっきまで一緒にいたあのおじさん、腕とお腹がおおきなトゲに貫かれてる。

血の気がひく感覚がしたとき……腕をぐい、と引っ張られた。






___







_____






動け




歩みを止めるな




ミ「はあッ…!はあ…!」




左手に繋がれた小さな手を離すな。
この子たちを少しでも遠くへ__安全な場所へ…!!


まだ!俺にかかってるんだ!余裕だ!パワーだろ!俺はまだ余裕だ!!


ふと、さっきのサーの姿が頭によぎる。


動けルミリオン!!


張り続けていた心が綻びかけ__



ガクッ

「お兄さん…!」



膝をつく。
エリちゃんを腕から降ろしたAちゃんが駆け寄る。



ミ「ゼェ…ゼェ…!」



視界が…!!体が動かない。



「お、お兄…さん…」



肩に小さな手が乗る。
動け、動け…!!__どうにか、この子たちを…!!

27.ありがとう→←25.おねえちゃんがついてる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (685 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1626人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pino(プロフ) - みづきさん» 泣いてくださったなんて、とても嬉しいです(*^^*)、コメントありがとうございました! (5月2日 23時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
みづき(プロフ) - だんだん読み進めていくうちに涙がポロポロと…。本当に良いお話でした! (4月26日 11時) (レス) id: 05a7ae8b8e (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - 柚子の香りさん» 好評&コメントありがとうございます!ちなみにどの回のお話が良かったか聞いてもいいでしょうか…? (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - わぁおさん» コメントありがとうございます!頑張ります! (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
柚子の香り - 好きです!この話し神すぎですね!! (2月24日 11時) (レス) id: 3597434cca (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pino | 作成日時:2020年1月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。