占いツクール
検索窓
今日:640 hit、昨日:3,475 hit、合計:585,684 hit

19.わたしの力が ページ20

先を考えて、より確実に保護できるように。

緑谷くんは違ったようだけど、俺がそう判断して起こした行動だった。



「過去に気になる記録が…」

サ「なんだ?」

「あるヒーローの敵との交戦記録です。…敵の襲撃を受けたその内容なんですが…敵の"個性"が今回のターゲット、治崎のものと類似しているようで。記録には少女ふたりを追っていたような素振りだったと。」

ロ「はぁ!?じゃあ前にも逃げ出したことがあるっつーことかよ!?」



驚きの連続だった。



サ「本当に彼らだという確証は?」

「怪我をしたヒーローの証言で、変わったマスクをしていたとのことです。それと少女には"角"らしきものが額にあったと。」



ほぼ確実にそうだといえた。
…あの子たちは過去にもあそこから逃げ出したんだ。



リ「前にも逃げ出したなんて…相当勇気がなきゃ出来ないわ。」

フ「そんときのヒーローは保護せんかったんか!?」

相「まあ、怪我を負っていたようですし…」

「記録によると…その、」



言いづらそうにサイドキックは言い淀んだ。



フ「なんや、はっきり言ってくれんと!」



次の言葉に俺はまた衝撃を受ける。





「__命乞いをしたと…、"見逃す"代わりにたすけてもらったようです…」




…___



フ「自分かわいさに…!!!女の子二人見捨てたっちゅうわけか!!」



ファットガムの怒りが爆発した。
無理もない、ヒーローとはそういうことを前提にしてするものだ。

確かに誰だって死ぬのは怖い、嫌だろう。だけど、でも…それは…そんなことをしていいのか。



ロ「チッ…」

サ「…」



__じゃあ、俺は。



『エリ…!!!』



あの子はあの時、俺を見た。


__より、確実な"最善"を選んだ。



『…、!!!』



そらした目線を戻せば、その表情は__悲痛なものだった。


ああ、そうか。

あの子はもうあの絶望を味わったことがあったんだ。




__そして、俺が二度も味わわせた。




そんな事実にまた歯を噛みしめる。






___








_____





ジジジ…


「!」


額の角に違和感を感じた。



エ「できた…!」

「おー、見せて見せて!」



クレヨンお絵かき大会中、自分のその角を触る。

またちょっと大きくなったような。



治『A、おまえはエリとは違う。重要なんだ。』



エリよりも利用価値が高い、その理由。




治『__おまえの"もう一つの力"は。』




__あの男はわたしの力を必要としてる。

20.決断と覚悟→←18."進化"



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (655 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1720人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

pino(プロフ) - 柚子の香りさん» 好評&コメントありがとうございます!ちなみにどの回のお話が良かったか聞いてもいいでしょうか…? (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - わぁおさん» コメントありがとうございます!頑張ります! (2月24日 12時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)
柚子の香り - 好きです!この話し神すぎですね!! (2月24日 11時) (レス) id: 3597434cca (このIDを非表示/違反報告)
わぁお - 凄いです!!前からの話にどんどん繋がっていて凄いです!!!これから先もっと楽しみになりました!!更新頑張ってください!! (2月22日 17時) (レス) id: 578a6cecc2 (このIDを非表示/違反報告)
pino(プロフ) - エリ大好きさん» 本当ですか…!夢主の感情やら何やら伝えられているか毎度不安ですが、よかったです。更新お待たせしました、コメントありがとうございます! (2月21日 23時) (レス) id: 7816ba7c93 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:pino | 作成日時:2020年1月7日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。