占いツクール
検索窓
今日:63 hit、昨日:80 hit、合計:26,015 hit

赤×桃 ページ45

流星side

緑「あいつらほんま仲良いよな〜」

青「……」

緑「流星?」

青「…ん?あ、なんやったっけ?」

緑「あいつら仲良いよなって」

青「あ、あぁ。そうやね」

緑「流星疲れたん?今日ボーッとしてること多ない?」

青「そう?普通やで」

緑「なんか悩んでるんやったら言うてな?」

青「ありがと」

悩み、っていうかなんやろ。

自分でも分からへん。

なんか元気が出ないっていうか、なんていうか。

またボーッとしてるあいだに、二人は戻ってきた。

緑「おかえりー」

赤「神ちゃん!聞いてや!小瀧めっちゃアホやねん!笑」

桃「は?アホやないから」

緑「どしたん笑」

赤「観覧車な、紐で繋がってるんやと思ってたんやって!」

桃「そ、そんなん言うてへんわ!」

緑「紐で繋がれてたら危ないわ笑」

赤「せやろ!アホやー!」

桃「うっさい黙れ」

緑「ほらしげももう辞め笑」

赤「はーい」

緑「これからどうする?もう帰る?」

桃「せやなー。まだ暗くはないしなー」

赤「飯食いたい!」

緑「おお、ええな!今から行くか!」

青「あ!え、っと、俺用事思い出したわ!ごめん!みんなで行ってきて!」

赤「えー。流星行かんのー?」

青「ごめん忘れてたんよ笑」

緑「そっか。じゃあ分かった!また明日学校でな!」

青「おう」

赤「じゃあなー」

3人は遊園地のレストランの方へ歩き始めた。

その姿を見てると、望が立ち止まって、こっちへ向かってきている。

青「望?どしたん?」

桃「いや、今日流星あんま喋ってへんかったからなにかあったんかなって」

青「なんもないで?」

桃「そっか。なんかあったんなら言うてな?」

青「…ありがとう」

桃「じゃ、また明日」

そのまま望はしげのとこへ戻っていった。

青「…なんやねんこれ」

分からん。なんでこんな元気が出えへんの?

なにも分からないまま、俺は家へ帰った。

赤×桃→←赤×桃



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
69人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズwest , こたしげ , JW   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:・み・ | 作成日時:2019年5月22日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。