占いツクール
検索窓
今日:131 hit、昨日:376 hit、合計:62,093 hit

よーん ページ5

あれからまた数時間
もう完全に日が暮れている。


柊「れなちゃーん、お父さんお迎えきたよ!
………やっぱ寝ちゃってるか」

むりもないよね。


柊「すみません、また今日も寝ちゃってます」

遼「あー、いいよ別に。
てか俺らしかいねぇんだしその堅苦しいしゃべり方やめろよ」

柊「あ、うん…」

これが遼くんの本性。
れなちゃんでもさすがに気づいていないらしい


遼「ほか、奥に誰かいんのか?」

柊「奏馬先生が奥に」

遼「へー。……ま、いいか」

黒い笑いを浮かべて近づいてくる

柊「いいってなにが…んっ!?」

後ろから口を塞いで、壁に押し付けられた
おれがいくら頑張ったって、遼くんはびくともしない


柊「んんっ…んーー!!」

息がしずらくて苦しい…!

遼「ああ、わりー」

やっと自由に息ができるようになった。




柊「遼くん、どいて」

遼「どけって言われて素直にどく奴がいるかよw」

さらに力が強くなってますます逃げられない

柊「だめだよこんなとこで…、そこでれなちゃんが寝てるんだし…!」

遼「ごちゃごちゃうるせぇな」

そのままおれの口を塞ぐ
隙を与えずすぐに舌を入れてくる


柊「んっ、ふぁ…ぁあっ」

強引に絡められて苦しくて自然と涙が出てきた
やっと離してくれたと思ったら休む間もなく何度も何度も。

柊「も、やめてっ…」

遼「あ?
んじゃあ次はこっちな」

柊「へっ?
………あ、ちょっ!!」

当然のようにおれのベルトをカチャカチャ外し始めて
つけていたエプロンをめくってシャツの下に手を入れてきた

遼「本気で嫌なら、俺を殴ってでも抵抗してみろ」

出来るわけない。
人を殴ったことなんて一度もないし、遼くんにそんなこと出来ない…



柊「やだっ…そんなのむり…」

ごー→←さーん



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (267 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
606人がお気に入り
設定キーワード:男主 , BL , オリジナル , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Akari | 作成日時:2017年3月19日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。