占いツクール
検索窓
今日:36 hit、昨日:49 hit、合計:15,510 hit

七月二十二日 夏休み二日目 ページ9

ぱちっ。

もし、効果音をつけるのなら、こうなる。

昨日は、寝るのが遅かったが、今日はいろいろと緊張をしているのでパッチリと目覚めた朝だ。

部屋の明かりは、夕方だけど、今は朝。

そんなこと考えないで起きないと。

タッタッタと階段を下りる。


「菜々子〜。おはよう。」

「おはよう」

二人きりの朝。


いただきます


朝食を食べたら、お母さんはおめかしを始めた。

「準備できたし、行くわよ。」

「うん」

車で、行く。

近いから、すぐについた。

交通量が多くて、危ないから車で来ただけだからね。

コンコン

お母さんがノックする。

母「すみません。北村と申します。」


?「は〜い。どうぞー。」

探偵にしては緩そうな声。


大丈夫かな〜。

ちょっと心配。


あたしが、そんなことを考えているうちにお母さんが、入っていく。


あたしも、慌ててついていった。


探「あぁ、娘からお話伺っております。わたくしは、こういうものです。」


そういわれて、名刺を渡された。


探「今日は、どのようなご用件ですか?」

母「あの、脅迫状が家に届いたんです。」

探「くわしく、見せてください。」

母と探偵のやり取りが続く。

暇だなぁ〜、と考えていたらもうお話が、終わっていたみたい。


母「ほら、菜々子帰るわよ。」


私「うん。」

母「今日は、ありがとうございました。ボディーガードの件よろしくお願いします。」


あたしは、話を聞いてなかったからボディガードって何?と思ったが声には出さず、車で聞けばいいと思った。


二人で車に乗る。


あたしは、さっそくボディーガードについて聞く。

「お母さん、ボディーガードってなに?」


お母さんは、あきれたような表情をしたが、こたえてくれた。

「私たちの誰が誘拐されるかわからないから、長谷川さんがボディーガードをつけてくれるっておしゃってくれたの。」


あたしは、よくわかった。


「家の場所を教えたから、車で先に家に向かっているって。」

_____________________________________________

by桜道 あすか(はるみち あすか)

七月二十二日 夏休み二日目□←七月二十一日 夏休み一日目



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (12 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定タグ:合作 , ミステリー&青春 , 小説   
作品ジャンル:ミステリー, オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜道 あすか(はるみち あすか) - 宇宙光里さん» ありがとう!宇宙光里の「花鳥風月」は今度使わせてもらうね(o^―^o)ニコ (12月8日 22時) (レス) id: 47dc307598 (このIDを非表示/違反報告)
宇宙光里(プロフ) - 桜道 あすか(はるみち あすか)さん» いや、びっくりしたけどいいと思うよ!よかったら私の使っt((((( (12月8日 20時) (レス) @page18 id: d1e907f841 (このIDを非表示/違反報告)
桜道 あすか(はるみち あすか) - css変えてみたよ〜。だめだったらいってね〜。 (12月8日 20時) (レス) id: 47dc307598 (このIDを非表示/違反報告)
桜道 あすか(はるみち あすか) - 宇宙光里さん» りょうかい(^^♪ (12月8日 14時) (レス) id: 47dc307598 (このIDを非表示/違反報告)
宇宙光里(プロフ) - 更新するね (12月8日 8時) (レス) id: 4d009787b3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:しゃけ。&桜道 あすか&宇宙光里 | 作者ホームページ:読んでくれてありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ  
作成日時:2021年11月9日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。