占いツクール
検索窓
今日:83 hit、昨日:139 hit、合計:38,366 hit

▼12 ページ13

─────────

ガチャ




「……もう寝たんか、」





重岡くんがドアから入ってきたらしく
声がした






入ってきてもた…
僕、ちゃんと寝てるっぽいかな



よし、神山

狸寝入りをやりきりますっ!








ぺたぺたぺた





あれ……

なんか重岡くんこっち向かって来てへん?





ぺたぺたぺた





やっぱり

えっ、なんでなん?!

え、ちょ







ギシッ


突然目の前に影ができて何事かと思うと、

僕の顔を覗き込むように重岡くんが覆い被さっていた







……いや、

めっちゃ近い!!!!!!!


ヤバい、

ヤバい





「……はぁ」

重岡くんの静かなため息さえも耳のすぐそばで聞こえる






ポタリ



そんとき重岡くんの前髪から雫がおちて
僕の頬に垂れた


ひうっ!冷たい

反応するとこやったわ




「あ、ごめん…って寝てるか」

重岡くんがそう呟き少しの沈黙が訪れた








え……なに?







少したってから重岡くんの親指が雫を拭った






え?

え?

今の間は何やったん?



その時僕の

心臓の音は、重岡くんに聞こえてしまうんやないかってくらい

ドッドッドッと音をたてていた








せや、




いっそ触れれば魔法で…


と思い、



手をこっそり重岡くんに伸ばそうとした

その時──









「あ、あったわ」


そういって重岡くんが僕の前に置いてあったチャンネルを持ち上げた








え?!

お目当てはチャンネルやったん?!








チャンネルを見つけて満足したのか、ふんふーん♪と鼻歌を歌いながら
重岡くんは向こうへ行ってしまった


ホッとしながら寝返りをうって僕は思う








…重岡くんは僕のこと、好きなんよな?


やのに、









──なんでなんもせんかったんやろ。









そう思うと、とたんに顔が熱くなった



なに、これ!

これやったら僕がなんかしてほしかったみたいやん!



あぁ…そうやなくて!!





あーーー!!もぅ今日1日色々ありすぎて頭ん中ぐっちゃぐちゃや







童貞の僕には容量重すぎます……








「…眠れへん」

▼13→←▼11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (174 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
631人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズwest , 重岡大毅 , 神山智洋   
作品ジャンル:ラブコメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

はや(プロフ) - しなもんさん» コメントありがとうございます!私もほんまにこんなことあったらやばい、と悶えながら書いてるんで(笑)共感してもらえてすごく嬉しいです!これからもよろしくお願いします! (5月21日 18時) (レス) id: 902bf7a924 (このIDを非表示/違反報告)
しなもん(プロフ) - 初めまして!二人の初々しさが可愛すぎて何度も読み直して悶えてます(*´∀`)一見クールに装ってても心の中がむっつりな重岡さん最高です笑お泊りでの進展も楽しみにしてます☆ (5月21日 14時) (レス) id: d420156216 (このIDを非表示/違反報告)
はや(プロフ) - siSrIKmvQFXDAVlさん» ほんまですか??!めっちゃ嬉しいです。わざわざコメントまでありがとうございます!しげと神ちゃんにして欲しいこととか、遠慮なく書いてくださいね! (5月21日 2時) (レス) id: 970e6fe6d0 (このIDを非表示/違反報告)
siSrIKmvQFXDAVl(プロフ) - めっちゃ面白いです!頑張ってください! (5月20日 23時) (レス) id: c692cbf8d3 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:はや | 作成日時:2019年5月19日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。