占いツクール
検索窓
今日:26 hit、昨日:77 hit、合計:48,670 hit

Ryota Katayose◎日常 ページ3

あ〜いい夢〜♡


めっちゃスイーツ食べまくれるとか最高!♡


ん、なんかく、苦し…


「ん?!」


朝から涼太の顔がドアップ


てかなんでキスされてんの?!


涼太の胸板を思いっきり叩く


涼太「おはよ」


「おはよ!…じゃない」


涼太「ん?」


「なんでキスすんの?!」


涼太「Aが起きないから」


「そーゆー問題ちゃうわ」


涼太「えー?だってお姫様って王子のキスで目覚めるもんじゃん?」


可愛い…


こやつ私がこの顔弱いの知っててやってやがる


「ばーか」


涼太「誰が馬鹿だって?」


出たドS王子


「え、いや、なんでもありません」


涼太「ふーん」


「か、顔洗ってくるね〜」


涼太「いってらっしゃい…って言うとでも思った?」


「言うと思いました」


涼太「俺がそう簡単に逃がすわけないじゃん」


あ、私死亡した


「っいて」


涼太「もう顔洗ってきていいよ〜♡」


なんでこんなに機嫌いいの?


まぁ、首噛まれただけだからいっか


あれ?なんかここ赤い?


あ、これって…


「おい片寄!きすまーく付けたでしょ!」


涼太「あ、バレた?笑しかも片仮名言えないの?笑めっちゃ平仮名」


「めいくさんに怒られちゃう」


涼太「まーた平仮名笑いいじゃん見せつけちゃお」


「みんなに絶対いじられるじゃん」


涼太「絆創膏貼っておいたら?笑」


「あ、それいい!」


涼太「馬鹿だね笑」ボソ


絆創膏のせいですぐにメンバーにバレてしまいましたとさ


もちろんメイクさんに怒られました。

Ryuto Kazuhara◎日常→←Reo Sano◎日常



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (59 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
357人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ぱいなぽ(プロフ) - Aさん» はじめまして!了解しました!リクエストありがとうございます! (6月8日 23時) (レス) id: 885a50f60e (このIDを非表示/違反報告)
A - はじめまして!!リクしてもいいですか?! もし良ければ、彼女の誕生日にジェネのみんながサプライズするっていうのがみてみたいです!!お願いします!!! (6月8日 15時) (レス) id: 8bf71aaddf (このIDを非表示/違反報告)
ぱいなぽ(プロフ) - 青さん» こんばんは!はじめまして。いえいえ、全然大丈夫です!寧ろご意見ありがとうございます。私も思ってたんですけど涼太くんって喧嘩しなさそうだなと思いそうしたんですよね…変でしたよね!色々落ち着いたら書き直させていただきます! (6月4日 22時) (レス) id: 2d78fcb65b (このIDを非表示/違反報告)
- こんばんは(*^^*) はじめまして。 いきなりすみません...。 物語読んでいて思ったのですが...。 Ryota Katayose◎喧嘩とありますが...。 物語読んでいてこれ思った感じの喧嘩じゃ ないなぁ...。 と思いまして...。 (6月4日 22時) (レス) id: fa78cdaff1 (このIDを非表示/違反報告)
ぱいなぽ(プロフ) - 月歌兄弟さん» いやぁもう色々衝撃的すぎて笑私もこもれお好きです!可愛いですよね〜 (5月6日 8時) (レス) id: fe07678de5 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぱいなぽ | 作成日時:2019年4月12日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。