占いツクール
検索窓
今日:106 hit、昨日:126 hit、合計:4,773 hit
「へー、今年はこの子なんやねぇ」


「僕がその稲荷様って言うたらどうする?」

──これは或る夏の日に、
黄金色の瞳の美しい稲荷様に出会ったお話。


※完全なる二次創作です。

実在する人物、
団体とは一切関係がございません。

誤字、脱字などありましたら申し訳ございません。執筆状態:連載中






















おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
66人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , センラ , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:raika | 作成日時:2018年8月26日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。