占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:101 hit、合計:548,584 hit

111 ページ6

俺のせい?

けど、あの場合、あれ以外にどうしたら良かったん?


正解なんかないやろ・・・


「分かった・・・
大丈夫なのかな」


手首を切ったなんて、
どうしても言われへん。

それが俺のせいかもしれへんなんて。


現実から目をふさいでしまいたい。






病院に着いたら、
高坂さんは薬で眠ってた。

意識はもう取り戻したって。


ほっとして、床に座り込んでもうた。


「どうしてこんなに思いつめたのかな。
忠義、期待させるような事したの?
まさか、過去に関係が・・・」

お母さんが心配そうに俺に聞いてくる。


「そんなわけないやん。
何もない。
大学の後輩ってだけ。
その頃から一方的に想われてたらしいねん・・・」


俺のせい?

その考えばっかりが、胸に重くのしかかってる。


「そう・・・
女の人は思い込むと一直線だからね。
自分の気持ちから逃れられなくなったのね。
忠義は子供の頃からモテるから。
ママは心配だったのよ・・・」


お母さんが、俺の背中に優しい手を乗せてくれた。

泣きたい。


情けないけど・・・


どうしたらええんか分かれへん。





夜中になって、
高坂さんのご両親が駆けつけて来はって。


頭に血が上ったお父さんが、
俺を見るなり、つかみかかってきた。

112→←110



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。