占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:101 hit、合計:548,584 hit

16 ページ30

「忠義、意外と泣き虫だね」

笑ったら、

「玉ねぎのせいや」

慌て出した。

「そういう事にしておきましょう」

ふふって笑ったら、

「ほんまに玉ねぎのせいやねんて」

焦って言い訳してる。

やっぱ可愛い。






ご飯は上出来。

盛り付けは要勉強なんだけど、
味は及第点だと思うんだよね。

忠義も美味しそうに食べてくれて。

幸せだなあって。


ご飯の後は、乾燥機から、
洗濯物を忠義が出してきた。

二人でそれをたたむ。

一週間分たまってて、
結構な量。


なんか新婚さんみたいで、楽しい。


「洗濯もしてくれたの?」

「うん。
めっちゃ褒めて?」


「ありがと」


ほっぺに、ちゅってしたら、
忠義が嬉しそうに頬を緩めた。


「これ、めっちゃえろい」

私のブラを取ってくるから。

「もう。
自分でするから」

慌てて取り返す。


「ええやん。
見たい」

「いつも見てるでしょ。
返して」

なんだか焦るあまり、
とんでもないセリフを口走ったような。

「やらし。
いつも見てるって」

「やらしいのは忠義だもん」

「ええっ。
そうかなあ。
Aもやらしいと思うねんけど」

バカなやりとりだ。


「もう知らない」


後ろ向いたら、
ぎゅうって抱きしめてくるから、
せっかくたたんだタオルがぐしゃぐしゃに。

「なあ、女子はいっつもあんな赤裸々な話をしてんの?あんなに一句一句詳しい・・・」

17→←15



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。