占いツクール
検索窓
今日:25 hit、昨日:101 hit、合計:548,602 hit

1 主人公Side ページ15

ASide


ヤスくんとの付き合いをお兄さんに反対されて、
綾子さんが家出してきて、

昨日の夜は、
忠義の部屋で一緒に眠った。

何だか変な感じ。


昨夜、夜遅くまで、
恋の話で盛り上がっちゃった。


綾子さんは忠義の大学時代の彼女なのに。

そこはかなり複雑なんだけど、
綾子さん、全然、感じさせないから。

どうしてなんだろ。

それは綾子さんの優しさなのかな。


それとも、
本当に二人の付き合いは、
さらっとしたものだったのかな?

今の二人は、
まるで姉と弟みたいで、
分かり合えてるのが伝わるけど、
恋人っぽい雰囲気は一切ない。

あの甘えん坊で、
すぐにいちゃいちゃしようとする忠義が、
彼女と、さらっと付き合うとか、信じられないんだけど。


忠義が時々言う、

お前がそうさせてるって。

ちょっと本当なのかなあって。

嬉しいかも。


そういう時の忠義、色っぽいんだよなあ・・・

ふと、思い出しちゃって。

一人で赤面。


私ってば、朝から何を考えてるんだ。



綾子さんと朝ごはんを作る。

簡単なもの。


「Aさん・・・
昨日はなんだか、恥ずかしい話、
いろいろしちゃった」

野菜切りながら、
照れくさそうに言う。

「ほんと。
あんなの久々だった。
仕事始めてから、
女同士のああいうの、
姉としかしないから。
新鮮で楽しかった」

私が言ったら。

「うん。私も。
なんか嬉しい。
Aさんと友達になれて」


綾子さんがふふって笑う。


綺麗・・・

2→←119



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。