占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:5 hit、合計:548,385 hit

118 ページ13

うわうわうわ。

聞きたなかった。

ヤスがそんなん。

想像してまうやん。


次、どんな顔で会えばええねんて。


「綾子さん、可愛い。
何にも心配しなくていいよ。
ヤスくん、すっごく綾子さんのこと、
大切に思ってるの分かったもん。
いいなあ。いいなあ」

Aがこんな恋の話にうきうきしてんのも、
意外すぎて。

いちいち、ドギマギしてなあかんやん。


「忠義くんは?
どんなだった?」

綾子が反対に聞くから。


思わず咳き込みそうになって、
慌てて飲み込む。


しばらく間があった。


Aは照れ屋やし。

そんなん言うわけない。


思ってたのに。


「付き合い始めた日にね。
この部屋に来て。
オークラって呼ぶなって言うの。
名前で呼べって。
でもいきなりなんて呼べなくて。
そしたら、次、オークラ言うたら、
キスしてやるって。
ちょっと可愛いく言うから。
きゅんてしちゃった。
でもどうしようって。
すっごく困った。
私に主導権あるとかずるいんだもん。
でも・・・」

「呼んだの?
オークラって?」

今度は綾子がわくわくしてる。

「うん。
本当はすごく緊張してた。
私も泣きそうだった」


A、可愛ええなあ。

ヤバい。


一人で勝手にその時のこと思い出して、にやける。


「綾子さんは・・・
忠義と・・・
何でもない。
綾子さん、
ヤスくんの前だと、
可愛いね」

A、言いかけた言葉、
途中で変えたん、
気付いてもうた。


気にしてるよな、そら。

俺と綾子のこと。


「なんかね、初めてなの。
こんなに恥ずかしくなるのも、
何にも上手く出来なくなるのも。
私、・・・おかしいかも」

119→←117



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。