占いツクール
検索窓
今日:8 hit、昨日:5 hit、合計:548,385 hit

107 ページ2

触られたんであって、
自分から触ってはないけど。

同じ事やろ?

「高坂さんがな、
ちょっと体調悪いみたいやったから。
なんとなく気になって。
でも大丈夫やと思う」


それしか言われへん。


部屋に俺の写真あったとか、
押し倒されたとか。


Aに余計な心配かけるだけやし。


トイレに立つふりして、
電話かけよう思ったら、
お母さんもついて来て。

「何かあったの?」

ひそひそ聞いてきた。


「実はさ。
秘書の高坂さんがな・・・」

お母さんにもめっちゃ言いにくいねんけど。


適当にぼかして説明したら。


「お母さんが見てきてあげる。
思いつめて変なことしてないといいけど」

そう言うてくれたから。


お母さんも会社の役員やし、
お願いする事にした。



レストラン出たところで別れて、
お母さんだけタクシーで帰ったから。

Aが、

「どうして先に帰られたの?」

不思議そうにしてる。

「用事思い出してんて。
俺らも帰ろか」

タクシーに手を挙げたけど、
なかなかつかまれへん。


「忠義、久しぶりに歩こうよ。
電車で帰ろ。
働いてた時みたいに」

Aが言うて、
甘えて、袖口引くねん。

そんなんされたら、
何でも言う事、聞いてやりたなる。


「それもええな。
スカイホーム寄ってみよか」

108→←106



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (312 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
924人がお気に入り
設定キーワード:大倉忠義 , 関ジャニ∞ , 安田章大
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:fool | 作成日時:2017年8月14日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。