占いツクール
検索窓
今日:187 hit、昨日:369 hit、合計:1,896,186 hit

国木田 独歩 ───ドS ページ37

「ねぇ、独歩ー、何時になったら帰れるのー?」

定時を少し過ぎた探偵社。

まだちらほらと社員が残るなか、Aはきっちり帰り支度を整えていた。

ねぇねぇねぇ、と俺の耳元で騒ぐA。

「まだ太宰のぶんの報告書を書いてるのがわからんのか」

「わからんのよ!」

ドヤ顔で返されても仕事は早く終わりはしない。

無言で椅子を回してパソコンに向き直るが、あっ、と言って後ろからAが腕を回してくる。

「……離れろ」

「どーして?可愛い彼女ですよー?」

「まだ他の奴らも残ってるだろ」

太宰が残ってないのが救いだな、と小さく心の中で呟く。

「俺も早く帰りたいから離れろ。仕事終わらせるから」

そう言うと、Aは口を尖らせながらも素直に一歩下がった。

……これで集中できるな。

と、思った直後、Aと敦の楽しげな笑いが聞こえてきた。

気にしないように堪えながらも、キーを打つ手はミスタイプを繰り返す。

「敦くん、もうやだー!」

けらけらと明るい笑いが響いたところで我慢がきかなくなった。

勢いよく立ち上がり、Aの元へ大股で歩み寄ると、その腰を引き寄せる。

敦が驚いてワタワタするのを横目で見つつ、わざと大袈裟なリップ音を立ててAの唇を奪う。





「他の男なんかたぶらかすな。俺だけにそうしろ」

「この唇も、その甘い声も、全部俺のものなんだから」

**********

国木田「今日は、月が綺麗だな……!」

作者「ねだるのは星だよ!星!」

江戸川 乱歩→←フランシス・スコット・キー・フィッツジェラルド   ───ドS



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (4228 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1826人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さち - 右に同じ (9月23日 18時) (レス) id: 50e2c8124c (このIDを非表示/違反報告)
さかな - それ (8月9日 19時) (レス) id: 36a8a03ded (このIDを非表示/違反報告)
狼@歌い手ファン - ただのぶたさん» 超それな (7月29日 22時) (レス) id: fe6437d156 (このIDを非表示/違反報告)
江羅古九 - ただのぶたさん» おま、マジそれ (5月24日 19時) (レス) id: 651ad92b57 (このIDを非表示/違反報告)
ただのぶた - 評価ってなんで一回しかできないんだろう…(´・ω・`) (5月6日 0時) (レス) id: 942534b271 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:久田 螺々亜 | 作成日時:2016年4月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。