占いツクール
検索窓
今日:23 hit、昨日:814 hit、合計:1,894,682 hit

森 鴎外 ページ28

「おーい、Aー。終わったぁー?」

高級デパートの中のとある一店の前。

私は中也達と待ちぼうけをくらっていた。

「まだ。絶対に来んなよ、変態」

「てっめ!首領に向かってどんな口きいてやがる!」

いきりたつ中也を手で収め、私は大人しくその場に正座することにした。


事は数時間前に遡る。

エリスちゃんの為に色々と買い物をしていたところ、思いがけない壁にぶち当たった。

「……エリスちゃんの下着……!」

「気持ち悪い」 byエリス

そこに丁度居合わせたのが探偵社員であるAだった。

かくかくしかじか話すと意外にも彼女は快諾してくれ、今に至る。

「はぁ、終わったよ……って、え!?何!?正座!?」

「大人しくしておこうと思って」

「いつもそれぐらい静かだったら好きなのに、リンタロウ」

顔が自然と綻びるのは仕方のないことだ。引くな。

さてまあ、と私は立ち上がると、Aから紙袋を受け取った。

「感謝するよ、A」

「ふん、貸しだからね」

「いつもはあんなに刺々しいのに、今日は可愛らしいね」

……私服のせいかな。

いつも通り反論がくると思っていたのに、ふとAを見ると、そこには赤面があった。

「……帰る」

……ふふ、初だなぁ。壊したくなる。

「A」

反射的に振り向いたAの顔を引き寄せてキスを落とす。

見開かれる瞳のなんて美しい。





「その瞳に私だけを映してくれるかい」

「毎夜毎夜愛を囁いてあげよう」

**********

森「君の瞳はお星様も落ちる……!」

作者「……は?」

中島 敦→←江戸川 乱歩



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (4227 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1828人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 文スト
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さち - 右に同じ (9月23日 18時) (レス) id: 50e2c8124c (このIDを非表示/違反報告)
さかな - それ (8月9日 19時) (レス) id: 36a8a03ded (このIDを非表示/違反報告)
狼@歌い手ファン - ただのぶたさん» 超それな (7月29日 22時) (レス) id: fe6437d156 (このIDを非表示/違反報告)
江羅古九 - ただのぶたさん» おま、マジそれ (5月24日 19時) (レス) id: 651ad92b57 (このIDを非表示/違反報告)
ただのぶた - 評価ってなんで一回しかできないんだろう…(´・ω・`) (5月6日 0時) (レス) id: 942534b271 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:久田 螺々亜 | 作成日時:2016年4月8日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。