占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:161 hit、合計:9,780 hit

10話 ページ12

あ〜……うん。

推しが目の前にやってきた時。皆さんならどうします?しかも、推しは私服です。


私?私なら……とりあえず夢じゃないのか確認する為に頭をぶつけに行きます。


トントンさん達が出てきた家の中からバタバタと足音がしたかと思い目を向けると、オスマンさんやひとらんさんの後ろに隠れてしまっている身長の低い男の人が。

それと、マグマバケツを穴に入れそうなクリーパーの親戚さんも一緒に。やめてぇ!渚ちゃんが、渚ちゃんが悶えすぎて死んじゃう!


「あっ……」
「あ、あぁぁ……!ぞ、ぞぞぞ、ゾッとするほどむっつりスケベな……!」
「渚ちゃん!一回抑えなさい!一回黙るか抑えて!」


私だって今震えてるんだよ……!

……あ、でも待てよ?

渚ちゃんがゾムさんと会って悶えてる=渚ちゃん赤面中=ゾムさん驚くか多分照れる。

……こ、ここでロボロさんも喋ってくれたら初期人狼……いや、推し組の声が生で聞ける?


「なんかクセ強いお隣さんやな〜……トントン、もしかしてこの人達視聴者さん?」
「まぁ……そうですねぇ。身バレするとは思いませんでしたわ」
「まー、黙っててもらうようお願いしたら?」

「アッ……初期人狼にトントンさんも……」
「……渚ちゃぁ〜ん?」


確かに推しの声が生で聞けて嬉しいのは分かる。分かるけど……っ!

これ以上は視聴者としても隣人としても印象最悪になるからやめて!(切実)


「……な、なんか収集つかなくなりそうなので一回帰らさせていただきますね……?」
「あ、あぁ……それではまた今度……?」


うん、帰ろう(使命感)



あっでもカーテン買わないと。乙女のデリケートなところ推し様達に見られたら色んな意味で死んじゃうから!


深々とお辞儀をし、渚ちゃんを引きずりながら帰って行った。終始変な目で見送られてて精神的にぐさっときた……

11話→←9話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
58人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 合作
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ナギ(プロフ) - hi_chanさん» ひぇぇ...ありがとうございます!更新、緑蛙さんと頑張っていきますね! (4月27日 19時) (レス) id: 6b24426cf3 (このIDを非表示/違反報告)
hi_chan(プロフ) - ナギさん» 全然大丈夫です!更新頑張ってください! (4月27日 18時) (レス) id: abc9fd13bf (このIDを非表示/違反報告)
ナギ - えー...更新遅れてしまいすみませんでした...!! (3月31日 10時) (レス) id: 6b24426cf3 (このIDを非表示/違反報告)
緑蛙(プロフ) - ルイロイさん» コメントありがとうございます!話にのめり込んで読んでくれると言ってもらえるのはこちらとしても嬉しい限りです。頑張りますね……! (3月16日 11時) (レス) id: af2916f373 (このIDを非表示/違反報告)
ルイロイ - 面白いです!どんどん話にのめりこんで読んでいました。頑張ってください!(下のやつは間違えてエンターキー長押しして投稿してしまいました。すみません) (3月16日 1時) (レス) id: 765758a1e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緑蛙&ナギ x他1人 | 作者ホームページ:ない…です!  
作成日時:2020年3月4日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。