占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:161 hit、合計:9,780 hit

プロローグ ページ2

これは、


あるwrwrd好きの女子2人が、


シェアハウスをした事から始まった_________


[緑sido]


「ねぇねぇ渚ちゃん!シェアハウスしない?」


それは、高校の卒業式に渚に持ちかけたもの。


「シェアハウス……?どうしたの急に」
「んふふ、えっとね〜!渚ちゃんと一緒に暮らしたいなーって思って!」


その時はバイトをやってはいても、到底一人暮らしをしても賄えることができる程ではなかった為前々から助けてもらっていた渚にそんな話を持ちかけた。

まぁ渚ちゃんと一緒に暮らしたいからというのも勿論あるけれど。


「ん”っ……い、いいよ緑!一緒に暮らそう!」
「本当!?ありがとうね渚ちゃん!」


そうしてなんやかんやで、住む所も決まり、いざ引っ越し。私達2人は大阪へ向かった。


「着いたよ渚ちゃん、ここがお家!」
「はぇー……!
広いじゃんここ、ローンとか大丈夫……?」


そう話しながら私達はとある一軒家へ足を踏み入れる。なんと此処は、駅から徒歩5分。しかもスーパーも歩いて7分という好物件。その上。


「大丈夫!実はここ前におじいちゃんが住んでた家でね、その時にローン全部払ってくれたらしくて……だから改装とかの費用しか掛からないよ」
「す、凄いね……緑のおじいちゃん」
「えへへ、まぁとりあえず家具とかはもう置かれてるから手分けして荷物仕舞っていこうか」


ニコリと平気そうな顔で笑っている内側、実は、おじいちゃんが譲ってくれたのもとある理由があった。

まぁ此処は、在り来たりな事故物件というものであったので……おじいちゃんも手離したかったらしく、私達にこの家をくれた。


孫に事故物件住まわせるなよとか言いたいところだが正直困っていたので文句は言えない。

黙々と荷物を仕舞う中、足りない物も勿論あるので買うものリストにメモをしておく。


「ふー、このぐらいかな?」


終わった頃には2ページびっしりと埋め尽くされていた程。明日は骨が折れそうである。

「渚ちゃん、夕ご飯の食材買いに行こ?」
「え?あ、そうだね緑。行こっか」

時計を見ればもう6時半。後30分以内に帰れればwrwrdの動画を観れるだろうか。

「早めに買いに行こうね!渚ちゃん!」
「う、うん……そうね緑」

1話→←設定



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (29 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
58人がお気に入り
設定キーワード:wrwrd , 合作
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ナギ(プロフ) - hi_chanさん» ひぇぇ...ありがとうございます!更新、緑蛙さんと頑張っていきますね! (4月27日 19時) (レス) id: 6b24426cf3 (このIDを非表示/違反報告)
hi_chan(プロフ) - ナギさん» 全然大丈夫です!更新頑張ってください! (4月27日 18時) (レス) id: abc9fd13bf (このIDを非表示/違反報告)
ナギ - えー...更新遅れてしまいすみませんでした...!! (3月31日 10時) (レス) id: 6b24426cf3 (このIDを非表示/違反報告)
緑蛙(プロフ) - ルイロイさん» コメントありがとうございます!話にのめり込んで読んでくれると言ってもらえるのはこちらとしても嬉しい限りです。頑張りますね……! (3月16日 11時) (レス) id: af2916f373 (このIDを非表示/違反報告)
ルイロイ - 面白いです!どんどん話にのめりこんで読んでいました。頑張ってください!(下のやつは間違えてエンターキー長押しして投稿してしまいました。すみません) (3月16日 1時) (レス) id: 765758a1e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:緑蛙&ナギ x他1人 | 作者ホームページ:ない…です!  
作成日時:2020年3月4日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。