占いツクール
検索窓
今日:115 hit、昨日:567 hit、合計:666,637 hit

表(裏) ページ7





Aに鬼が多い方角へ向かわせた甲の隊員は、たった二体の鬼を倒した。



甲の隊員
「あー終わった終わった。弱い奴だな。

まぁ、さっきの女が倒した鬼をこっちのもんにすれば、給料も上がるしな」


甲の隊員は、擦り傷ができていたのに気がついた。そして、先ほどAからもらった高性能の回復薬を使うことにした。

すると、傷はみるみると治っていく。



甲の隊員
「おお…すげー」



とそのときであった。



ザンッ!!!



甲の隊員
「!!!?ぎゃあああああ!!?」


「稀血稀血稀血稀血!!!!」

「俺のダァ!!!」



甲の隊員は、目が狂い変わった鬼によって食い殺された。




そんな様子をあの木の上で見ていたA。



『滑稽だ…実に滑稽だ』



Aは、ちょうどそこへやって来て自分の肩に乗った鎹烏に言った。



『いいかい?ちゃんと報告をしてね?

目つきが急に変わった鬼が甲の隊員を襲った。今すぐ援助を頼む、と』

鎹烏
「カァカァ!“目つきが急に変わった鬼が甲の隊員を襲った。今すぐ援助を頼む“!!!“目つきが急に変わった鬼が甲の隊員を襲った。今すぐ援助を頼む“!!」


そう言って、鎹烏はどこかへと飛んで行った。


Aは木から降りて、あの鬼がいるところに向かった。




*・*・*・*



煉獄
「ふむ!急に目つきが変わったのだな!」

『ええ。私に目もくれず、この人のところへ行きました』



Aは悲しそうに煉獄杏寿郎に言った。

二人の前には無惨に食われ殺された甲の隊員だったモノがある。

目が狂った鬼たちは、煉獄杏寿郎とAによって斬り殺された。



『炎柱、私はまだ弱い。だから、柱にはなりたくない』

煉獄
「A……大丈夫だ。Aは強い!柱は皆、Aを認めてる!」




煉獄杏寿郎は落ち込むAを励まし続けたのであった。









ーーーーーーーーーーーーーーーー
Aは柱嫌いですが、一応上部だけの仲良しさんです。

表→←表(裏)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (372 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1249人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼舞辻無惨 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

YUKARI♪ - イベントのYUKARI♪です!コメント遅くなってすみません!これからも更新頑張ってください!!! (11月27日 22時) (レス) id: 8e0566877e (このIDを非表示/違反報告)
笹見@無一郎の嫁(プロフ) - あれですか?安倍川餅って静岡の安倍川ですか? (11月27日 22時) (レス) id: a7c0601b69 (このIDを非表示/違反報告)
魅琴 - 夢主ちゃんが何気にヤンデレっぽい (11月12日 21時) (レス) id: f0913cbb00 (このIDを非表示/違反報告)
ウーパールーパー(プロフ) - 名無しの刃さん» はい。手紙内容が思いつかなかった結果、こうなりました。草 (10月4日 7時) (レス) id: 985a439390 (このIDを非表示/違反報告)
名無しの刃 - 拝啓 (名前) コロス は草 応援してます〜 (10月3日 23時) (レス) id: 7c2b7aa7df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ウーパールーパー | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年9月23日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。