占いツクール
検索窓
今日:226 hit、昨日:800 hit、合計:670,413 hit

ページ25





無一郎
「Aさん、一緒に鍛錬しよう」

『霞柱、隊員同士の争いはご法度ですが?』

無一郎
「大丈夫。争いじゃない、鍛錬」


時透無一郎はそういうと、刀を持ち、Aに向かってきた。
Aは、それを影の呼吸用の短刀で受け止めた。

柱である時透無一郎の攻撃であるもかかわらず、Aは無表情な顔でそれを止めている。

時透無一郎は攻撃を続けるが、Aはそれを、うんともすんとも、全て受け流ししていた。



*・*・*・*



無一郎
「はぁ…はぁ……
なんで、Aさんは……柱にならないの?」

有一郎
「無一郎大丈夫か?」



時透無一郎は肩で息をしていた。時透有一郎はそんな時透無一郎を支えた。

Aはまだ息が上がっていなかった。



『なりたくないからです、霞柱』



Aは、空を見上げた。
空はもう夜であった。

すると、空からチリンチリンと鳴らして何かが飛んできた。

それはAの相棒の鎹烏の終夜(よもすがら)であった。


Aはスッと、腕を上げた。終夜はその腕の上に乗った。そして、言った。



終夜
「カァ!カァ!A!貴方ニ任務ガアリマスゾ!方角ハ、北西!ココカラ、北西へ向エ!」

『……ということで、霞柱。私は失礼させていただきます。

有一郎くんまたね』



Aはそう言って、任務に向かった。




*・*・*・*



無一郎
「なんで、まだ勝てないんだろう……」

有一郎
「無一郎…」



時透無一郎の顔は無表情だが、目に映るのは悲しみであった。

時透有一郎は、時透無一郎の頭を撫でた。



無一郎
「!有一郎……」

有一郎
「大丈夫だ、無一郎。無一郎は強い」

無一郎
「!うん…!」



記憶を無くしてしまった弟に対して、優しく接するようになった時透有一郎。



有一郎
「早く、家へ帰ろう」

無一郎
「うん!」



二人は自分の家へ帰っていった。








ーーーーーーーーーーーーーーー
有一郎のキャラ変わってますが、許して←
低評価してもいいから←

表→裏→←表



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (375 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1247人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼舞辻無惨 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

YUKARI♪ - イベントのYUKARI♪です!コメント遅くなってすみません!これからも更新頑張ってください!!! (11月27日 22時) (レス) id: 8e0566877e (このIDを非表示/違反報告)
笹見@無一郎の嫁(プロフ) - あれですか?安倍川餅って静岡の安倍川ですか? (11月27日 22時) (レス) id: a7c0601b69 (このIDを非表示/違反報告)
魅琴 - 夢主ちゃんが何気にヤンデレっぽい (11月12日 21時) (レス) id: f0913cbb00 (このIDを非表示/違反報告)
ウーパールーパー(プロフ) - 名無しの刃さん» はい。手紙内容が思いつかなかった結果、こうなりました。草 (10月4日 7時) (レス) id: 985a439390 (このIDを非表示/違反報告)
名無しの刃 - 拝啓 (名前) コロス は草 応援してます〜 (10月3日 23時) (レス) id: 7c2b7aa7df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ウーパールーパー | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年9月23日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。