占いツクール
検索窓
今日:48 hit、昨日:1,039 hit、合計:664,984 hit

ページ3





『何度言えばいいのですか、お館様。
私は柱にはなりません』



昼下がり。


鬼殺隊トップの産屋敷耀哉の呼び出しで、本部へと来ていたA。

産屋敷耀哉は少し困ったように笑った。



産屋敷
「Aの実力は柱と同じくらい強い。
現に十二鬼月の下弦を三体以上も倒している」

『それはたまたまです。たまたま、奴らが弱かった方の下弦だったからです』



Aは強気で言った。そして、ぜったい柱にはなろうとはしなかった。



産屋敷
「A。君がそこまで柱になりたくない理由は、なんだい?」

『……』

産屋敷
「君があまり現柱……いや、今までの柱を嫌う理由は知っている。だが、他にも柱になりたくない理由があるだろう」

『……柱になれば、自由がなくなるから』



Aはそう言い残し、産屋敷耀哉にお辞儀をして屋敷から出て行った。


残った産屋敷耀哉は、Aが言った言葉を繰り返して言った。



産屋敷
「自由がなくなるから、か……」




*・*・*・*




Aは、産屋敷耀哉の屋敷から出て行くと、自分の屋敷がある村に向かう。

だが、もうすぐでおやつの時間である。Aは通りかかった村に入り、おやつを探す。

だが、そのとき。

Aはある青年と出会った。




「!!待ってください!」

『?どうしましたか?』



ある青年とは、竈門炭治郎である。竈門炭治郎の後ろには、怪我をしている男性がいた。

この最近最終選別を合格をした竈門炭治郎は、初任務でこの村に来ていた。


竈門炭治郎はAの腕を掴んでいた。


『鬼殺隊員?(だが、鬼の気配がする……)』

竈門
「!はい!葵の竈門炭治郎です!あなたも鬼殺隊員の人…ですよね?」



竈門炭治郎はAにそう聞いた。





ーーーーーーーーーーーーーーー

Aはおやつ大好きです。特にカステラが好きです。

表→←登場人物



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (372 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1249人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼舞辻無惨 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

YUKARI♪ - イベントのYUKARI♪です!コメント遅くなってすみません!これからも更新頑張ってください!!! (11月27日 22時) (レス) id: 8e0566877e (このIDを非表示/違反報告)
笹見@無一郎の嫁(プロフ) - あれですか?安倍川餅って静岡の安倍川ですか? (11月27日 22時) (レス) id: a7c0601b69 (このIDを非表示/違反報告)
魅琴 - 夢主ちゃんが何気にヤンデレっぽい (11月12日 21時) (レス) id: f0913cbb00 (このIDを非表示/違反報告)
ウーパールーパー(プロフ) - 名無しの刃さん» はい。手紙内容が思いつかなかった結果、こうなりました。草 (10月4日 7時) (レス) id: 985a439390 (このIDを非表示/違反報告)
名無しの刃 - 拝啓 (名前) コロス は草 応援してます〜 (10月3日 23時) (レス) id: 7c2b7aa7df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ウーパールーパー | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年9月23日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。