占いツクール
検索窓
今日:115 hit、昨日:567 hit、合計:666,637 hit

表?裏? ページ16





産屋敷耀哉がAを柱にしようとするのは、Aが強いから?敵に行ってしまうのが怖いから?


Aの頭の中でぐるぐるとまわる考え。


産屋敷耀哉は微笑んで答えた。



産屋敷
「Aがたくさんの人を助けているからだよ。
柱は鬼をたくさん倒しただけでは、みんなから認められない。

たくさんの人を鬼から守り、たくさんの人から信頼があってこその柱なんだよ。

Aは、たくさんの人を守って、たくさんの人から信頼をもらっている。

だから、私はAを柱にして、もっと人を助けてほしいと思っているんだ」



Aは、その言葉を聞いて、心の中でため息をついた。



『(たくさんの人を助けている?
たくさんの人から信頼がある?

それをしたのは私じゃない。
無惨様が私に命じたものだ。

柱から認められるのも無惨様からのご指示だ。
私は自分からしてない。

……やはりこの人たちは私が敵に行くことを怖がっている)


お言葉ですが、____』

産屋敷
「それに____」



産屋敷耀哉は言葉を続けた。
Aは黙った。



産屋敷耀哉
「A。私は、君が消えそうで、怖いんだ」



その言葉にAは言葉を失った。




*・*・*・*



Aの屋敷。


Aは敷布を引き、横になっていた。
外は太陽が真上にある昼であった。



『私が、消えそう……?』



何を言っているんだ、お館様は……
とAは心の中で思った。



『私は人間だ……

鬼のように永遠なんてない。まして鬼なんかになれない私はなおさらだ。

人間はいつか死ぬ。いつか消え去る。

私もそうだ……

お館様はそんな当たり前なことを何故言っている?』



Aは、落ちていく瞼に逆らわずそのまま眠りについた。




*・*・*・*



産屋敷
「……Aは自分のことを全く考えていない……だから怖い。

Aが自分を責めて、消えていくことを」



産屋敷耀哉は誰もいない部屋で呟いた。






ーーーーーーーーーーーーーーー
殿堂入り。
ありがとうございます。

そしてお知らせ。
勉強時間が減ってきている気がする(実際そうである)
なので、更新速度落とします。

一日、二個出せれば良いなと考えています。


では、おっやすみ〜!←

裏→←表



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (372 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1249人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼舞辻無惨 , 鬼殺隊
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

YUKARI♪ - イベントのYUKARI♪です!コメント遅くなってすみません!これからも更新頑張ってください!!! (11月27日 22時) (レス) id: 8e0566877e (このIDを非表示/違反報告)
笹見@無一郎の嫁(プロフ) - あれですか?安倍川餅って静岡の安倍川ですか? (11月27日 22時) (レス) id: a7c0601b69 (このIDを非表示/違反報告)
魅琴 - 夢主ちゃんが何気にヤンデレっぽい (11月12日 21時) (レス) id: f0913cbb00 (このIDを非表示/違反報告)
ウーパールーパー(プロフ) - 名無しの刃さん» はい。手紙内容が思いつかなかった結果、こうなりました。草 (10月4日 7時) (レス) id: 985a439390 (このIDを非表示/違反報告)
名無しの刃 - 拝啓 (名前) コロス は草 応援してます〜 (10月3日 23時) (レス) id: 7c2b7aa7df (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ウーパールーパー | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2019年9月23日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。