占いツクール
検索窓
今日:9 hit、昨日:15 hit、合計:10,396 hit
武装探偵社が引き受けた依頼で助けた少年は
幼いながらに常に笑顔で


 「その依頼は、誘拐された僕を
  誘拐するためのものでしょう」


普通なら怯えるであろうことを
当然のことのように話し


 「皆さんにご迷惑はかけません」


偽りの笑顔を張り付け続け


 「お、お化けでそうで.......」


でも、やはり年相応の幼さがあり


 「はやくここを出なければ___
  もうじき魔神が来てしまう」


魔神_ドストエフスキー_に狙われる
闇を閉じ込めた異能力者でした。執筆状態:連載中










おもしろ度の評価
  • Currently 9.62/10

点数: 9.6/10 (61 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
149人がお気に入り
設定キーワード:文豪ストレイドッグス , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

反生命者 - 少し変更しました。 (9月23日 9時) (レス) id: 4e8a64dd85 (このIDを非表示/違反報告)
反生命者 - よろしくお願いします。 (6月21日 21時) (レス) id: 4e8a64dd85 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:反生命者 | 作成日時:2019年6月4日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。