占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:235 hit、合計:340,794 hit

式場探し ページ34

休みの度に式場へと行き、家に帰って二人で意見をしあう


会場はあそこの方が良い

料理はあそこの式場が良かった

従業員さんはあそこの方が親切


そんな話し合いを何度も繰り返し

やっぱり一生に一度の結婚式だから

お互いに、妥協はしたくなかった



そんな時間を過ごし、やっと目星が付いてきた頃

僕の仕事も忙しくなり始めて

十分なAとの時間を過ごすことが出来なくなってきた



YN「はぁ〜…疲れた」

「お疲れ様ぁ」



遅く、残業から帰ってきた僕を

Aは僕の部屋で迎えてくれる


体に優しい夜食と、彼女の笑顔


どうしようもなく疲れ切った僕の

一番の栄養剤だ




YN「式場、この間の所で決めようか?」

「うん。じゃぁ、今度の日曜に予約しに行こうか?」

YN「そうだね。

はぁ〜…やっと会社に結婚の報告が出来る〜!」

「・・それね?」

YN「ん?」



喜んでいる僕に、Aは少し言いにくそうに話を切り出した



「年が明けてから・・って言うのは、ダメかなぁ?」

YN「えっ?どうして?

日取りが決まったら報告するって約束だったでしょ?」

「ん〜・・。でもね?まだ式は来年だし…私が退職するのもまだだし…」

YN「えっ?言ってることが良く分からない」

「えっと…

その……何かと会社の人に言われるのが……なんだか恥ずかしいというか…」

YN「恥ずかしい?僕と結婚することが?」

「じゃなくって!!

冷やかされるの…分かってるから…」

YN「あははっ(笑)いいよ。僕は別に冷やかされても」

「ん〜…ユノは良くてもね?私は…その…」

YN「…A?」

「もうちょっと待って?報告するの」

YN「…。いつまで?」

「そうね……そうっ!ユノの仕事がひと段落するまでっ!ね?

そうしたら二人で部長に報告しよう?ね?」

YN「僕の仕事が?」

「うん」

YN「ひと段落したら?」

「うんうん!」

YN「一緒に部長に?」

「そうっ!」

YN「報告…?」

「うんっ!」

YN「分かった。じゃぁ、約束」

「うん!約束!」



結局、Aに押し切られて

会社の皆への報告はまた伸びてしまった

妄想→←まだ内緒



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (683 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1214人がお気に入り
設定キーワード:ユノ , 東方神起 , チャンミン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 花さん» ありがとうございます(*´∀`*)ノなるべく頑張って更新しますので新章も宜しくお願いします<(_ _)> (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - しあぽんさん» 2章もありがとうございました<(_ _)>新章、1話だけですがアップしました(^-^) (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - wakaさん» 2章も最後まで読んで頂いてありがとうございました<(_ _)>最終章もチンタラ頑張ります!(^^) (7月4日 10時) (レス) id: 277fbb4572 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 裕さんの更新をすっごく楽しみに待ってるファンです♪ちんたらでも亀さんでも何でもOKなので楽しみに待ってます♪ (6月14日 23時) (レス) id: 8c09381f1b (このIDを非表示/違反報告)
しあぽん(プロフ) - 大丈夫!いざとなったら女性は強いから!ちんたらでものったらでも構いません!お待ちしておりますぅ〜 (6月14日 15時) (レス) id: dafbf0b050 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:http://id29.fm-p.jp/279/jjhh/  
作成日時:2014年11月16日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。