検索窓
今日:97 hit、昨日:201 hit、合計:128,504 hit

Imitation Rain ページ34

♪〜戻れない時を振り返る

大我:原キーの方がいいですよね

スタッフ:そうだね、そっちの方がかっこいい

大我:ライブで今日やばいっていう日に、下げるってことは可能ですか?

スタッフ:用意はするけど・・・

スタッフ:シングル曲の場合、お客さんがいつもと違うって思っちゃう

大我:勝負したいけどな・・・どうしよう・・・

慎太郎:高っw

A:そうだね・・

慎太郎:素晴らしいよ、きょもw

大我:慎太郎とA?・・・いや、マジで怖ぇ・・こういう決断が一生狂わせる気がする・・一生歌い続けるわけだから

スタッフ:あははw

大我:ここで俺が攻めたことによって、涙する夜を迎えることになるかも・・

慎太郎:きょも、きつい?

大我:きつくはないんだけど、ミュージカルとかと被った時期とかに、これを歌うのが1番怖いなって

慎太郎:きょも、先はそんなに考えちゃダメだよ

A:その時はさ、後にハモるジェシーとほっくんと私に任せてよ。いつも頼らせてもらってるんだから

大我:ん・・原キーでいきましょう!これが歌えなくなった時が、俺が脱退の時だわ

A:大丈夫、そんなことさせないし、京本大我はこんなことに負けない

大我:ボイトレ頑張らなきゃなw

A:私も行くから一緒に頑張ろw


@xxxxxxx
あの高音パート、原キーでいくことを決めたのは慎ちゃんとAちゃんのおかげなんだね!
「京本大我はこんなことに負けない」って言われて、ちょっと嬉しそうw

@xxxxxxx
あのパート本当に高い・・絶好調でも出ないよw

@xxxxxxx
メンバーがメンバーを応援しにくる関係っていいよね


♪〜Everybody blames

A:きゃっ・・

高地:おぉw

北斗:あぶなっ

スタッフ:カット!・・Aちゃん大丈夫?!

A:大丈夫です!

慎太郎:今の、高地と北斗いなかったら頭からいってたよ?!

高地:マジで焦った・・

A:あそこまで盛大に滑るとは思わなかった・・w

北斗:今日ほど、反射神経よくて良かったって思ったことはないよ

樹:え、マジで大丈夫なんだよな?頭打ったとかないよな?

A:2人が守ってくれたから大丈夫、本当にありがとね


@xxxxxxx
高地と北斗の反射神経よすぎ!
だけど、それがなかったらAちゃん頭打ってるよ・・気をつけて・・

@xxxxxxx
過保護な樹が出ちゃってるけど、それほど危なかったってことだもんね

@xxxxxxx
ジェシーも手を伸ばして助けようとしてた

@xxxxxxx
Aちゃん、びしょ濡れになっても可愛いって何事?!
ほんと憧れるんだけど!!

TrackONE-IMPACT- 福岡→←2020年1月22日



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
914人がお気に入り
設定タグ:SixTONES , 紅一点 , 松村北斗
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沙羅 x他1人 | 作成日時:2022年6月28日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。