検索窓
今日:95 hit、昨日:201 hit、合計:128,502 hit

ライブ後 おまけ ページ27

A:終わったね・・

樹:早かったな

高地:7公演、あっという間だったね

ジェシー:まだまだやるけど、ジュニアでは最後なんだもんなぁ・・

樹:きょもの「俺たちがジャニーズJr.!」は反則だなw

大我:だって、ジュニア伝統のやつだから、最後にやりたくなったんだもんw

樹:おかげで、A、大泣きw

A:いやぁ・・・もう泣いちゃってたけど、ジェシーの「ジャニーさん、ありがとう」で涙腺の決壊だよねw

大我:俺だって、つられて泣いちゃったw

北斗:来てくれてた人も泣いてたよ

A:・・・本当にここまで長かったね・・

樹:そうね・・

A:これ言ったらみんなに怒られるの分かってて言うけどさ、少なくとも私のせいっていうのもあるから・・ほんと、ごめんなさい

樹:A

ジェシー:でもさ、AはSixTONESにいて楽しかったでしょ?

A:・・・うん、辛いこととかいっぱいあったけど、みんなといると乗り越えれた。楽しかった。1人じゃないって、こんなに心強いんだなって思えた

ジェシー:なら、Aの居場所はSixTONESだったんだよ。ソロ歌手とか女優でもない、SixTONESがAのいるべきところなんだよ

A:・・・ジェシー・・

北斗:昔言ったでしょ?SixTONESになるためにAはここにいるんだって。Aがいたから長くなったんじゃなくて、SixTONESがデビューできるぐらい纏まるにはこの期間が必要だったんだよ

A:・・・もう・・バカ・・・

慎太郎:あー、また姉ちゃん泣いてるw

A:じゅーりー、2人が泣かしてきたー

ジェシー:え、俺ぇ?w AHAHAHAw

樹:だれだ、俺のA、泣かせたやつは!

大我:だから、樹のじゃないって、俺のなんだって

北斗:なんだ、この小芝居w

A:ふふw

樹:よし、じゃあ、帰るかー

慎太郎:姉ちゃん、明日はドラマ?

A:そう、でもお昼ぐらいから

樹:ねー、チューある?

大我:まだ、それ聞いてんの?w

樹:あったら、見れないんだって!

A:チューあったら、ずっと見てくれないの?

樹:いや・・まっ・・見るけどさぁ・・・北斗、一緒に見ねぇ?お前もAのキス見れないだろ?

北斗:なんで、キス見れないことになってんだよ、普通に演技の勉強で見るよ

樹:絶対、嘘!

北斗:嘘つく意味ねーだろ!w

高地:はいはい、この2人は放っておいて帰りましょー

A:あははw

嵐にしやがれ→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (111 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
914人がお気に入り
設定タグ:SixTONES , 紅一点 , 松村北斗
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:沙羅 x他1人 | 作成日時:2022年6月28日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。