占いツクール
検索窓
今日:260 hit、昨日:273 hit、合計:25,410 hit

#5トリップ特典だそうですよ ページ7

『何じゃコリャーーーーーー⁉』


すいません、開始早々絶叫しちゃって。
いやだってさ、私お風呂場行ったのよ。鏡見たのよ。何が映ったと思う?


黒髪黒目の地味顔の私じゃなくて、茶髪に桃色
の瞳した超絶美少女が映ったのよ。しかも、
色白で華奢でスタイル抜群。そりゃ叫びたくも
なるわ。


これが世にいうトリップ特典か。
トリップって凄い…。まぁとりま風呂入るか!


お風呂から上がると良い香りが鼻をくすぐる。
テーブルには美味しそうな料理が並んでいた。


リ「冷めない内に食べて。」


『うん。頂きます。』


美味しい。美味しすぎる。


『リズって料理上手だよね。めっちゃ美味しいもん。』


リ「Aも料理は得意でしょ。」


『まぁそうだけどさ。』


そう。私、料理は結構得意だ。
脳漿炸裂ガールにマカロン出てくるでしょ?
それで食べてみたらドハマりしたの。


ただ、めっちゃ高いじゃん。それで、自分で作ることにした。で、マカロンを作る練習をする内に他のお菓子や料理を作るのが上手くなったって訳。今はマカロン常に常備してる。


まぁそんなこんなでご馳走様して、寝ることにした。寝る前にボカロを聴こうとすると、リズに呼び止められた。


リ「御免なさい。とても大切な事を言い忘れていたわ。」


『大切な事?』


リ「ええ。実はこの世界にはボカロが存在しないのよ。貴方のスマホは、前世と繋がっているから、聴くことが出来るけど。」


え…?ボカロがない?嘘でしょ?


リ「御免なさい、こんな大切な事を言い忘れていて。」


『いいの、いいの。今日はもう寝るね。』


リ「ええ。お休みなさい。」


そして、私はベッドに向かった。ボカロがない世界か…。私には想像も付かないな…。


そんな事を考えながら私は眠りに落ちていった。

#6 あのマフィアと遭遇したそうですよ→←#4 やっとトリップするそうですよ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (32 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
52人がお気に入り
設定キーワード:文スト , トリップ、ボカロ , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

さにゃん - 2度目のリクありがとうございます!廃墟の国のアリスは私も大好きです!またのリクを待ってます! (12月24日 18時) (レス) id: f4c79a7791 (このIDを非表示/違反報告)
乳酸菌 チーズ(プロフ) - リクエストいいですか?猛独が襲うと廃墟の国のアリスお願いします!! (12月24日 17時) (レス) id: df6c59ac1d (このIDを非表示/違反報告)
さにゃん - そうですよね!あまり付けている方、見掛けませんし。 (12月22日 22時) (レス) id: f4c79a7791 (このIDを非表示/違反報告)
どっかのKY(プロフ) - 付けない方が良いかもしれません。付けると全てがオリジナルとなってしまうのでは? (12月22日 18時) (レス) id: 6df941c6d3 (このIDを非表示/違反報告)
さにゃん - なるほど!付けた方がいいんでしょうか? (12月22日 8時) (レス) id: f4c79a7791 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さにゃん | 作成日時:2019年10月27日 14時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。