占いツクール
検索窓
今日:22 hit、昨日:20 hit、合計:180,763 hit

8話[弟と帰宅] ページ30




「明日も朝練は7時からですよねーっ!?」



あからさまか。


「えっうんそうだけど」

「分かってていつも遅刻ギリギリとか何?」

「お前だってそういう日あんじゃねぇか!」

「女の子の身支度は時間掛かるんですー!」



静寂な時間が訪れる



なんで皆してコッチ見るんですか

なんで皆して黙るんですか



「……女だったのか?スマン…女っていうのは潔子さんみたいなそういう人を…」

「───ブッ殺す…ッ!」

「わぁぁぁっ!鈴加抑えて抑えて!!」


「なんでお前たちはもう帰るって時にケンカを…」







田中からの親切な助言を聞いた日向と影山



「朝5時」

「遅刻すんなよ」

「オメーだよ」



日向と一緒に歩き出しながらも影山は止まる

それにつられて日向も止まる




「どうかしたのか?」

「お前先帰れ、俺はAと帰る」

「別にお前と帰る約束はしてねぇけど」

「─早く帰れ!!」




隣同士の家、同じ通学路

あの辺は街灯が少なくて女1人じゃ危ない


後単に一緒に帰りたかったっていう感情


大事に思ってるのは鈴加だけじゃない

影山だって鈴加を大事に思ってるのだ




「中学校別だったけど偶に待ち合わせして一緒に帰ってたね」



ただし、部活ない日に限る



「待ち合わせに遅れたらカレーまん5個だったな」

「中学生にはちょっと痛いよね」

「決めたのお前だけどな」



ちょっと根に持ってる感じですか?

そーしないと君あんま感情こもってる感じしない"悪い"の一言で終わらしちゃうじゃん



「……今日、助かった」

「アドバイス?いいよ別に」



お礼言うくらいならもう少しにこやかにしてね

言い慣れてないから顔強ばってる

面白いからいいけど



「明日、」

「──嫌だ」

「まだなんも言ってねぇよ!」



予想がつく

どうせ朝練一緒に来て欲しい的なやつ

私が一緒に行く意味は何?



それ以前に鈴加は朝起きれないタイプの人だ


女の子は身支度に時間かかるって言っていたが大体は寝坊である

髪の毛整えたりなんて両手で数え切れる数しかした事はない



「日向のクソレシーブ何とかするにはリベロだったお前の意見も必要だろ」

「……モーニングコールしてくれる?」

「もーにんぐ?」

「分かった、自分で起きる」




土曜日まで多分早朝朝練

いつも眠い授業がただでさえ眠い


またノートとり遅れる


あぁ、最悪だ






「スーパーレシーブまた見たい」

「頑張ろうね!!朝練!!」

「お、…おう」

9話[苦労する未来]→←7話[悲痛な言葉と信頼]



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.9/10 (87 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
223人がお気に入り
設定キーワード:ハイキュー , 恋愛・青春 , 赤葦京治
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:依鈴 | 作成日時:2020年3月16日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。