占いツクール
検索窓
今日:1,107 hit、昨日:853 hit、合計:479,160 hit

国語の先生 ページ3





深「昼の最初の授業国語じゃん?」



『あーはい』



深「運ぶの手伝って欲しいんだけど」



先生が使っている狭い部屋に国語辞典がずらりと並べてあった



『…わかりました。』



深「あからさまに嫌な顔すんなよ笑」



先生の中でもリアコ枠なんて呼ばれている深澤辰哉も私にとっては苦手な人だった。と言うより国語が苦手な私にとっては先生も苦手



『午後初め国語とか寝るしかないな』


深「おい!聞こえてるぞ〜、ってかご飯食べてないの?」




深澤先生は私の持っているお弁当の袋を見て首を傾げた




『あ、そうだった。私もう行きますね』


深「えー、先生とここで食べようよ!」




こんな国語辞典に囲まれた部屋で先生と2人でご飯を食べるなんて



『嫌です。食べ終わったら国語辞典運ぶので失礼します』





そう言いながらドアノブに手を掛けた瞬間、それを遮るように手を重ねられた



深「ダメ、一緒に食べよう」


『教師が何してるんですか』


深「こうでもしないと逃げちゃうじゃん」





何をしてもピクリとも動かないその手に諦めた



深「ん、素直でよろしい。」




椅子に座りお弁当を広げると突然深澤先生が雑誌を持ってきた



『なんですかそれ』


深「え、Aさん知らない? 目黒蓮って」


『目黒蓮?』


深「ほら、Aさんの一つ下の学年にモデルの人居るでしょ?」



リリがそんな事言っていたような、言ってなかったような



深「凄いよな〜、今日も朝からキャーキャー言われてたよ。羨ましい」


『今日来てたんですか?その目黒蓮』


深「来てるよ、俺朝授業したんだけどオーラが違うね
でも授業中寝てるから馬鹿なんだよな〜」


『へー』




目黒蓮の話に興味のない私は何となく受け流していた
ご飯を食べ終わり、外にある自販機に向かおうと立ち上がった瞬間



深「あ、ちゃんと戻ってきてよ? 俺1人じゃ運べないから!」



『はいはい、分かってます』



行ってらっしゃい、なんて手を振る深澤先生に見送られながら自販機へと足を進めた

モデル→←友達の彼氏



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (456 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2264人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 深澤辰哉目黒蓮 , 渡辺翔太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

my - 全員分のオチがみたいです (1月2日 20時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)
藤原 道長(プロフ) - スノでいくとふっか推してるけど、展開的には翔太と結ばれて欲しいです! (12月13日 17時) (レス) id: 6637c26f8e (このIDを非表示/違反報告)
ほくほくなじゃがいも(プロフ) - このお話が好きでいつも見させていただいてます!私はふっかさんと結ばれてほしいです。これらも更新頑張ってください! (12月13日 7時) (レス) id: 1105fd991b (このIDを非表示/違反報告)
しょっぴー推し - 私は翔太くんと結ばれてほしいです!それか全員分のオチを書いていただけると嬉しいです。でも一人の方がいいんじゃないかと思います。書くのが大変になるのでだからしょっぴーと結ばれるオチが見たいです。付き合ってからもみてみたい!更新頑張ってください (12月12日 7時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もにぃ | 作成日時:2020年11月23日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。