占いツクール
検索窓
今日:735 hit、昨日:683 hit、合計:477,935 hit

ページ18





渡辺の前に立ち両手を広げ、守ればそれを見て笑う男達



“まぁ、いいや、ちょっと暇つぶしさせてよ”


広げた手を掴み引っ張られると意図も簡単に壁に追いやられた




渡「…おい!!!」


“彼氏の目の前で、楽しいことしよっか”


『え、』




背筋が凍るようなその笑みに何も出来なくなっているとゆっくりとブラウスのボタンを外されていった






渡「Aっ!抵抗しろ!!」



分かってる、分かってるけど…何も出来ない
段々と近づく顔にぎゅっと目を瞑った瞬間



警「おい、何やってんだ!!!!」


“…くそっ、”


深「Aっ!!!」


リリ「渡辺くんっ!」




深澤先生とリリが警察を連れて来てくれた
それだけで安心して、我慢していた涙がこぼれ落ちた




深「…立てる?」


『ふっか…ざわ…せん…せい』


深「なんで先に行くの…、心配すんじゃん」



震える体を支えてもらいながら立ち上がると、深澤先生が着てきた上着を着せられた



深「今日は、もう帰ろうな?」


『…はい』


深「なべも、今日は帰るか?」


渡「そう、します…」


渡辺もリリに支えてもらいながらタクシーに乗り込んだ






深「怖かったな…」


『でも、少しだけ落ち着きました』



また深澤先生に送って貰っちゃったな…
やっぱり家に入るまで見ててくれて、また一礼をして部屋に入った



そこからの記憶は無くて、目が覚めるとベッドに寝ていて隣に渡辺が私の手を握って寝ていた





『なんっ…で??』



渡「…ん、うるさっ」



『え…、なんで家…知ってんの???』



渡「リリに聞いた…、ちゃんとお礼しようと思って。留守かなって思ったら玄関開いてたし、中入ったらお前倒れてるし…まじ、焦った」



いつもの渡辺じゃなくて、少しだけ幼い渡辺に戸惑っているとゆっくりと顔が上がった




渡「怖い思いさせてごめん…、助けに来てくれてありがとう。」



『いいの、勝手に体が動いた笑』



渡辺の肩に手を置いて、頷いた





渡「…それと、俺今までの女全部切るわ」





今回の事でメンタルが来たのか繋がれた手が強く握り返された




『そっか、リリ一筋って事か!!』



渡「いや、そーじゃなくて…」




モジモジした渡辺を見ていると、長い前髪の隙間から目が合った





渡「お前の事が…好きなんだけど」




『…は?』





その一言で私の頭は真っ白になった

・→←・



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (456 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2266人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 深澤辰哉目黒蓮 , 渡辺翔太
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

my - 全員分のオチがみたいです (1月2日 20時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)
藤原 道長(プロフ) - スノでいくとふっか推してるけど、展開的には翔太と結ばれて欲しいです! (12月13日 17時) (レス) id: 6637c26f8e (このIDを非表示/違反報告)
ほくほくなじゃがいも(プロフ) - このお話が好きでいつも見させていただいてます!私はふっかさんと結ばれてほしいです。これらも更新頑張ってください! (12月13日 7時) (レス) id: 1105fd991b (このIDを非表示/違反報告)
しょっぴー推し - 私は翔太くんと結ばれてほしいです!それか全員分のオチを書いていただけると嬉しいです。でも一人の方がいいんじゃないかと思います。書くのが大変になるのでだからしょっぴーと結ばれるオチが見たいです。付き合ってからもみてみたい!更新頑張ってください (12月12日 7時) (レス) id: 6febd5b71e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:もにぃ | 作成日時:2020年11月23日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。