占いツクール
検索窓
今日:20 hit、昨日:112 hit、合計:94,976 hit

【黄】だってお年頃だもん ページ1





俺の妹は高校3年生。



『にぃに!まってぇ!』



なんて弟と一緒に俺の後を一生懸命ついてきて

可愛かった妹はどこへやら…。



最近は口を開けば


『ねぇ、お小遣いちょうだい。』

『私の制服とひかるのパンツを一緒に洗わないでよ!』


なんて俺の事を中年の親父と同じ扱いしてないか!?と

口には出さないけど少しだけ傷ついている。



だけど、嫌いになれないのは家族だからだろう。








ある日、休日出勤の代休で仕事が休みの俺は

家族のいないリビングで映画鑑賞を楽しんでいた。



そんな時、鳴り響いた家の固定電話。



固定電話なんて今どき滅多にかかってこないから

セールスか何かだろうと思ったけど、

何となく嫌な予感がして出てみると

相手は妹の通う高校の養護教諭だった。



Aが熱を出して1人で帰れそうにないので

迎えをお願いしたいと言われたので、

直ぐに行きますと返事をして家を出た。



妹は自転車で通える自宅近くの高校を選んだため、

車で向かった俺はすぐに目的地に到着した。



守衛さんに事情を説明し高校の中に入る。



この高校の卒業生である俺は一直線に保健室に向かった。



ノックをして保健室に入ると、いたのは

俺も在校中お世話になっていたおばちゃん先生。



【あら、岩本くん。】



「どうも。いつも妹がお世話になってます。」



【いつも話は聞いてるわ。逞しくなったわね〜。】



「いえそんな。A、俺の話とかするんですか?」



【あら?いつもしてくれるわよ〜!?

お兄ちゃんはムキムキで優しくてかっこいいんだって。】



「マジですか。家ではそんなこと言わないのに。」



【お年頃だもの。恥ずかしくて言えないのよ。】



ふふふと笑う先生の奥にあるカーテンで

仕切られたベッドから『せんせ?』と声が聞こえた。



【あら、起きたみたいね。】



先生の後ろをついていくと、

顔を真っ赤にして苦しそうにしている妹の姿。




・→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (173 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1147人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:Sakuya | 作成日時:2020年12月3日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。