占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:6,077 hit

かっこいい ページ7

真由と話していたら、授業開始五分前の予鈴が鳴った。
「じゃまた後で!」
元気に自分の席に戻っていく真由を見送る。

そういえば、五時間目の授業って何だっけ?
と思って黒板を見る。
だけど、五時間目のところには何も書かれていない。
「五時間目何ー?」
がやがやとみんなが騒ぎ出したその時、ガラッと音を立て、勢い良く教室のドアを開けて
「今日の五時間目は校内レクだぞー、みんな外に行けよ!」
大声で言う三上先生。

え、校内レク?
何でまた、急にそんな。
「まあ、とにかく体操服に着替えろ」
いやいやいや、すでに何人かの男子が学生服を着たまま走って行っちゃった後だよ。


グラウンドに行くと
「何でお前着替えてないの?」
「だって外行けって言われたし」
半分くらいの男子が、学生服のままだった。
グラウンドでレクリエーションってことは、服汚れるよね……。

クラス対抗のドッジボール大会だった。
運動が嫌いというか、苦手な人にとっては避けたい行事の一つ。
みんなそれを分かっているのだろう、さっきから私の方にばかりボールが飛んでくる。
「そーれ!」
「うわっ、ちょ、ちょっと待って!」
休む暇もない。
「待てって言われて素直に待つ人がいるかよ」
と言いながら三上先生がこっちに来た。

黒い学生服を白に染めながら、一生懸命になっている男子ばかり気にしていて気が付かなかった。
これ、担任の先生も参加するんだ。
他の人ばかり気にしていたら、いつの間にか自分の目の前にボールが飛んできていた。
え、これ絶対よけられないよ。

あと一メートルもない。
私は強く目をつぶろうとした。
その時、誰かが私の視界にすごい勢いで入ってきた。
あれ、痛くない……。
不思議に思った私は、目の前にいる人影を見た。
「ギリギリセーフだな!」
そう言って笑っているのは、
「三上先生!」
「おう、雪菜大丈夫か?」
「大丈夫です。あ、助けてくれてありがとうございます!」

気にすんな、とさわやかな微笑を浮かべて、相手チームに向かってボールを投げる三上先生。
偶然だろうけど、すっごく嬉しい。
さっき、かっこよかったなぁ。

天然ではない→←冷静に



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (57 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
19人がお気に入り
オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

桜雪☆(プロフ) - ミカン大福さん» コメント今更気づいてごめんなさい!コメントありがとうございます!作者も惚れます(*ノωノ)← (8月1日 19時) (レス) id: 7ff7ae767b (このIDを非表示/違反報告)
ミカン大福(プロフ) - おお、先生性格いい……惚れるわ♪(/ω\*) (6月11日 20時) (レス) id: 5ee3315df5 (このIDを非表示/違反報告)
桜雪☆(プロフ) - アリサさん» コメントありがとうございます! (4月14日 18時) (レス) id: 7ff7ae767b (このIDを非表示/違反報告)
アリサ - 先生、かっこいいですね(・∀・) (3月29日 12時) (レス) id: b38895223a (このIDを非表示/違反報告)
桜雪☆(プロフ) - みるくちょこれーと。さん» コメントありがとうございます!恋愛小説を書いたことが無いので文章がおかしな部分があるかと思い、不安でした。そう言っていただけて嬉しいです! (3月22日 16時) (レス) id: 7ff7ae767b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:桜雪☆ | 作成日時:2018年2月25日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。