占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:19,718 hit

39話 出立準備 ページ41

私はその後、普通に部活を終えて家に帰った。

風丸くんとは、一言も話さなかった。







「母さん。これ捨ててもいい?」

「いいよー。なるべく荷物は減らしたいし」

次の日。私たち家族は、アメリカに行くために、荷物をまとめていた。

私は、ほぼ空っぽになった自分の部屋を見つめる。

あとあるのは、何も置いてない机といす、布団、明日着る洋服、そして、雷門中学校の制服だった。

私は、制服をそっと指でなぞる。

いろいろあったな。あの学校で。

風丸くんと出会って、サッカー部のみんなと出会えて、友達もできて。

そう思いながら、制服のポケットに入れていた生徒手帳を取り出す。

生徒手帳を開いてみると、そこには初詣で風丸くんと一緒に引いたおみくじが入っていた。

結ぶのがなんだかもったいなくて、持ってかえってきたものだ。

凶と書いてあるそのおみくじは、少し色あせている。

風丸くんと出会った日のことも、

初めてキスをした日のことも、

初めてお互いの気持ちを話したことも、

全部。全部全部。時間がたったら、思い出になっていって、

今みんなと離れるのが嫌だと思ってる気持ちも、思い出になっていって、

嫌なことも、嬉しかったことも、思い出になっていって、

全部、忘れていくんだろうな。

アメリカでの生活に慣れてしまって、日本に戻りたいとも、思わなくなるのかもしれない。

風丸くんたちの中でも、私という存在が消えていって、私のいない人生を歩んでいく。

いいんだ。それで。それが一番いい。

でも————————————

「やっぱり……嫌だ……っ…」

いいなんて、思えない。

私の頬に温かいものがつたう。

風丸くんと、みんなと離れたくない。

私、いつの間にか、風丸くんのこと、大好きになってる。

この想いは、届かなくていいものだとずっと思ってた。

でも、伝えないで後悔なんてしたくない。

だから————————————

私は、カバンからレターセットとシャーペンを取り出す。

これで、最後。

40話 出国→←38話 豪炎寺修也の本心


  • 金 運: ★☆☆☆☆
  • 恋愛運: ★★★☆☆
  • 健康運: ★★★★★
  • 全体運: ★★★☆☆

ラッキーアイテム

革ベルト

ラッキーカラー

あずきいろ

ラッキーナンバー

8

ラッキーアルファベット

X

ラッキー方角

西 - この方角に福があるはずです

おみくじ

おみくじ結果は「末凶」でした!


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (28 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
39人がお気に入り
設定キーワード:イナイレ , キスフレ , 風丸一朗太   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

神崎 奏(プロフ) - yuriさん» ありがとうございます!とっても嬉しいです!! (12月3日 15時) (レス) id: 3c3fe50db5 (このIDを非表示/違反報告)
yuri - 面白かったです!応援してます!! (12月3日 0時) (レス) id: cbe69faa9b (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - アレスさん» ありがとうございます!更新頑張ります!!少しでも楽しんでいただけるように頑張ります! (11月2日 21時) (レス) id: 3c3fe50db5 (このIDを非表示/違反報告)
アレス - とても面白いです!更新頑張ってください! (10月30日 23時) (レス) id: 73833a43c9 (このIDを非表示/違反報告)
神崎 奏(プロフ) - いさきさん» コメントありがとうございます!そう言ってもらえるとすごく嬉しいです!これからも頑張ります! (10月24日 23時) (レス) id: 906f3d7dcd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:神崎 奏 | 作成日時:2018年7月23日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。