占いツクール
検索窓
今日:99 hit、昨日:195 hit、合計:12,596 hit
.




私がうんと小さい頃から、おばあちゃんが私にしてくれた話。

私とおばあちゃんの秘密の話。





「(名前)、神様を見た事あるかい?」

「かみさま?…ううん、ない」

「私はねぇ、見た事があるんだよ」

「え!ほんとう!?」

「本当さ。神様は物の数ほどいるとされているんだ。その中でも私が見たのはねぇ」








____________それは美しい、桜を纏った刀の神様さ









おばあちゃん


おばあちゃんの言ってた通り、本当に、神様…いたよ。

とっても綺麗で日の光みたいに優しくて…眩しくて…





「よく頑張ったな。あとは…俺に任せろ」





私を助けてくれた……刀の神様が。








***



鬼滅の刃×刀剣乱舞のクロスオーバー夢小説です。


掛け持ちです。ゆっくり気紛れ亀以上の更新になります。審神者もどきと時間遡行軍もどきが出て来ます。

変に他の作品パロみたいなのあります。それでもいいって方のみどうぞ(キノ◯旅のキ◯とエ◯メスの出会いのところのみ)


なんか途中で納得いかなくなってしまったら消すかもしれません。ご了承下さい。






.執筆状態:連載中









おもしろ度の評価
  • Currently 9.89/10

点数: 9.9/10 (65 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
273人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 刀剣乱舞 , 混合夢小説
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サヒア | 作成日時:2019年8月29日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。