検索窓
今日:3 hit、昨日:3 hit、合計:5,385 hit
俺には、親戚に同い年の子がいる。



色々あって、たまにうちにも遊びに来る。



高校は別々だけど、あの有名な進学校に通っていて



俺もよく勉強を教えてもらった。



いつもニコニコして、虫も殺さないような穏やかな性格。



だけどそれは…



…あの子のほんの一部しか見えていなかったからだ。



琥珀「男に完全敗北するくらいなら腹切って死ぬ」←



極度の男嫌いで



スイッチが入るとおっかなかった←



___


※ブルーロック 落ちは國神くん

※名前固定です

※悪コメなどおやめください

※評価&コメントよろしくお願いいたします執筆状態:連載中





















おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (10 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
30人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:rai | 作成日時:2023年1月26日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。