占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:15 hit、合計:226 hit
僕には親も、家族もいない。




だけど、血がつながっていないだけで家族のように一緒に暮らしてきた人達がいる。




アスタ「俺は将来魔法帝になる!そしたらシスターと結婚する!」




ユノ「シスターは聖職者だから結婚は無理だよアスタ、、」




いつだって、皆と一緒だった。




だけど、生活が豊かというわけではなかった。




そんなある日、僕は王族に従者にならないかと勧誘を受け




教会のため、家族のために僕は、、




レムリア「、、皆のために王都に行く」




、、僕のため、皆の幸せのために



____




※ブラッククローバー作品です

※悪コメなどおやめください

※名前固定です

※評価&コメントよろしくお願いいたします執筆状態:連載中





おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (2 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:rai | 作成日時:2021年1月14日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。