占いツクール
検索窓
今日:31 hit、昨日:45 hit、合計:28,433 hit

規律 39 ページ40

私が隊に復帰した頃


あの人が帰ってくると噂になった。



その証拠に業物の刀とか送られてきた





…ま、私は桜切あるからいいけどね







総悟が最近、なんか私の部屋に入り浸っている



今もだ。




「……団子食いに行きたいなァ……」



「…見廻りの途中にちょっと行こうか」




「流石、甘党でさァ…話がわかる」




「んま、甘いものが減っては書類もできないからね」



何処かで聞いたことがある言葉を言いながら上着を羽織る



「行こうか、総悟。久々の団子だよ!」



私は総悟の手を取り走り出した。




「…甘いものの話になると人が変わるんだった…コイツ」




後ろで総悟がぼやいてるが知らない知らない



総悟が悪いんだ。私を唆したからね





私もこれで立派なサボりかな?





まぁ、いいよね。




今日位は






許してくれるよ、土方さんも

規律 40→←規律 38



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
91人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 真選組 , 沖田総悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:さき | 作成日時:2019年2月24日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。