占いツクール
検索窓
今日:90 hit、昨日:219 hit、合計:78,209 hit

#04 -フジ- ページ4

一昨日の飲みの勢いで、フジくんと初コラボすることになった。
最俺のメンバーとの初めてのコラボだ。

ということで、私はフジくん家に来た。

私はチャイムを鳴らさず、ドアを開けてフジくんの家に入る。
ドアに鍵くらいかけとけよ…。
フジくんかわいいから襲われちゃうよ(真顔)。

フジくんがいつもいるベッド付近と編集パソコン付近にはフジくんはいない。
おかしいな、と思いトイレのドアを開けると、背後から足音が聞こえてきた。
後ろを振り返ると、風呂上がりで布を全く身につけていないフジくんがいた。

フ「えっ…!?」

『うぃーっす』

フジくんは顔を真っ赤にして、私の目をフジくんの大きな手が塞いだ。

フ「何でいるの…?」

恥ずかしかったのか、声が震えている。
私の目を塞ぐ手も震えている。

『え、実況撮ろって言ったじゃん』

フ「チャイムくらい鳴らしてよっ」

『鍵開いてたし、フジくんならいっかって』

フ「よくない!」

フジくんかわいすぎるから。
本当、襲われちゃうよ?
てか…、

『昔一緒に風呂入ったじゃん。気にするほどのこと?』

フ「気にするよ!昔はいいけどさ!」

めっちゃ“昔”を強調して言う。
『え、じゃあ“今”はダメなの?』
そんなことを言ったらさらに話が終わらないし、早く目のところの手を退かして欲しかったから会話を終わらせる。

『フジくん、そろそろ手ぇ退かして』

フ「えでも、まだ俺服着てない…」

『女子か!』

フ「逆に、Aは俺に…見られてもいいの?」

フジくんは私の目から手を退かし、後ろから抱き、耳元でそう囁く。
私が耳弱いの知っててそういうことするフジくんは反則だ。
しかも声erいし…。

『別にいいけど?だって、幼馴染みじゃん』

フジくんの色気に動揺し、答えるのに時間がかかった。
が、私は至って素直だ。
正直に思ってることを伝えた。

フ「じゃあA、脱いで?」

はぁぁぁ?バカじゃん!
いくらかわいいフジくんのお願いだからって、それはちょっと…。
てか、耳元でそんなこと言わないでよね。

『バーカ。調子乗るな』

私が拒否したところで、私はフジくんに強く抱きしめられている。
だから、いくらでもフジくんの自由にできてしまうのだ…。

続く

#05 -フジ- -キヨ-→←#03 -マリオ組-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.2/10 (42 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
132人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:紫燕-sien- | 作成日時:2019年11月28日 12時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。