占いツクール
検索窓
今日:114 hit、昨日:1,415 hit、合計:567,871 hit

廿陸-26- ページ27






-少女a視点-


(あのひと)に命令されたから。


気が弱く、力も弱い私は抵抗が出来なかった。


だから、あの綺麗なお姉さんと縄を繋いだ。



この人も刀を持っていたから、鬼狩りの人じゃなくても"精神の核"を壊さないといけない。


縄を繋ぎこの女の人の中へと入ってみれば真っ暗で何も見えなかった。



暫くしたらすごく息が苦しくなった。




そこで、やっとバカな私は気づいたんだ。



ここは真っ暗な洞窟のような場所……ではなくて、深い深い湖や海の底なんだって。



意識したらもっと息が苦しくなる。



きっと、この人の核は上の方にあるんだと思う。




だから、頑張って上の方に上がろうとした。



けど、どれだけ上の方に上がってもひかりも何も見えない。



ただただ真っ暗で息苦しくて。



どうすればいいのか分からなくなって、途方に暮れてしまう。



ガハッ



口の中に残っていた空気が全部出ていってしまう。


ああ、溺れる。


怖いな。



そう思って目をつぶった。










意識が急に現実に引き戻されてしまう。



周りの子はまだ、夢の中らしい。



あぁ、私失敗したんだ、とぼんやりと思っていると、目が覚めた女の人がとても悲しそうに私の方を見る。



『きみも、辛かったね。もう、無理しなくていいんだよ。』



その言葉にはどこか安心感があって、今までの恐怖とかから私を救い出してくれた気がした。



きっと、私自身限界だったんだ。



どことなく、母親のように思えてしまうこの人のおかげで、私は今度こそ幸せな夢の中へと落ちていった。





廿漆-27-→←廿伍-25-



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (308 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1483人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 鬼滅隊 , 逆ハー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

抹茶タピオカ2号(プロフ) - 星花(ほしか)さん» とても面白いです!(* >ω<)続き待ってます!( ≧∀≦)ノサネミ―私の推し!( ´∀`) (2月19日 10時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - とても面白いです!(* >ω<)続き待ってます!( ≧∀≦)ノ (2月15日 23時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - とても面白いです!続き待ってます! 頑張ってください( ≧∀≦)ノ (2月12日 20時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - 新しいの読みました!面白いです!続き待ってます( ≧∀≦)ノ頑張ってください(* ´ ▽ ` *) あ、ちなみにこゆきです!報告忘れてごめんなさいm(_ _)m (2月10日 19時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)
オタクだお! - 新しいの読みました!面白いです!続き待ってます( ≧∀≦)ノ頑張ってください(* ´ ▽ ` *) (2月9日 1時) (レス) id: 48661705e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:宮原星花 | 作者ホームページ:https://www.alphapolis.co.jp/novel/905339711/7133683  
作成日時:2020年1月24日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。