占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:23 hit、合計:48,287 hit

26-side K ページ49

.





「勝手に押しかけてすみませんでした」

「ううん、いいよ」





丁寧に頭を下げるAちゃんを見ていると、顔が上がってバッチリ目が合う


彼女の瞳が少し揺れた気がした









そして、



「海さん、私、海さんのことが好きです」





彼女から聞くそれはとても嬉しくて
やっぱりそうかと思う自分もいたけど、それでも嬉しかった



……嬉しい反面、つらいと思った








「苦しかったとき、海さんがくれた言葉がすごくあたたかくて力になって…」


「分かってます、この前ああ言われた理由。でも、私、それでも好きなんです。待ちたいって思うし、多分このままだとずっと好きです。だから…」




「だから、もし本当に無理なら。はっきり振ってください」








彼女のまっすぐな想いに苦しくなった


目に涙を浮かべながらもまっすぐ自分を見て一生懸命に話す姿がとても健気だから





.

22→←25-side K



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (58 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
268人がお気に入り
設定キーワード:超特急 , カイ , 小笠原海   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きぃた | 作成日時:2018年3月6日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。