占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:108 hit、合計:607,229 hit

市橋くんの悲しい瞳 ページ1

この少しの沈黙が、永遠に感じた。

倒れ込む増渕くんを睨みつける市橋くんに、
市橋くんを怯えた顔で見上げる増渕くん。

そして私は、何も出来ないまま、こうして立ちすくんでいる。
それはきっと正樹くんに止められたからとかじゃなくて、私に勇気がないからだ。
市橋くんを押し退けてまで、増渕くんを助ける勇気が私に、ないからだ。


「連れていけ」


そんな冷たい声にハッと意識が冴え渡った。
『っやめ、』そう呟いた私の声なんてお構い無しに正樹くんは増渕くんのTシャツを掴んで起き上がらせた。
なんで、なんでこんな時にまで私の足は動かないんだろう。
自分の情けなさに腹が立つ。


「さあ処刑の時間でーす!」

『っ正樹くん、ダメ、!』

「このクソキノコー!」


一瞬の出来事だった。
そう増渕くんが叫んだ瞬間彼の右手が正樹くんの顔にヒットした。

( あれ、私今、息してない )

あまりの驚きに息が止まった。
殴られた正樹くんがふらついて市橋くんにぶつかる。
車椅子も倒れてしまって市橋くんがお腹を抑えたまま地面に倒れ込んだ。


『、市橋くん!』


市橋くんの元に駆け寄るとちらりと私を一瞥したあと、また増渕くんを睨みつけた。
痛い、はずなのに。
それでも市橋くんの恨みはその痛みよりも何倍も大きいものだった。


「俺は、やってねえ、」


驚いた顔でそう呟いた増渕くんはふらついた足で逃げ出してしまった。

…どうすればいいの、私は。
ここにいて市橋くんのそばにいるべきなのかな。
…うんきっと、それが正しいだろう。
そんなこと分かってる、でも…。

_________ 今を逃したら、もう二度と、増渕くんに会えないような、そんな気がする。


「おい!市橋くん、大丈夫すか」


正樹くんのそんな心配の声にも答えずに増渕くんが走り去った方を睨み続ける市橋くん。
彼を支えようと伸ばしていた手に、市橋くんの手が重なる。

( いつもの市橋くんじゃ、ない )

いつもの暖かい、市橋くんの手じゃない。
決して体温の問題じゃなくて、
何故か彼から伝わるものがとてつもなく、冷たい。


『…ごめん、市橋くん』

「…、」

『正樹くん。市橋くんのこと、お願いします』

「え、ちょっとAちゃん、?!」


私は走り出した。
彼の手を解いて、走り出した。
増渕くんが向かった方へ。

その姿を、悲しい瞳で見つめている人がいるなんてことに気付かずに。

市橋に反乱の旗が→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (289 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
805人がお気に入り
設定キーワード:僕たちがやりました , 窪田正孝 , 新田真剣佑   
作品ジャンル:タレント
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

狛犬のリサ(プロフ) - あーあ、やっぱり夢主はトビオじゃなくて市橋かぁ…けっ…作者は最高でドラマも最高だったし…トビオ落ちだったらもっともーっと最高だったのになぁ (1月22日 2時) (レス) id: 3d96b1b6a9 (このIDを非表示/違反報告)
みい - いつも楽しみにしてます!トビオおち分岐ありがとうございます!トビオと結ばれて欲しいと思ってたので嬉しいです (2017年9月27日 16時) (レス) id: 788e2e4591 (このIDを非表示/違反報告)
はる坊(プロフ) - この前はトビオオチが見たい!とコメントさせていただきましたが、正直私もどっちも見たいです。どちらも書いてくださるというお話すごく嬉しいです!!頑張ってください!! (2017年9月2日 22時) (レス) id: 0e6de27daf (このIDを非表示/違反報告)
前田ちかね(プロフ) - 市橋くんオチがいいです! (2017年9月2日 22時) (レス) id: f96c4eb485 (このIDを非表示/違反報告)
emu(プロフ) - 今日の回は昼顔っぽくて面白かったです!めっちゃ好きですこの感じの>ω< (2017年9月2日 1時) (レス) id: 7e03b267ff (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:佐伯 | 作成日時:2017年8月8日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。