占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:661 hit

2話 ページ3

「フラスカーティ…?」

リゼルヴァは大切だったが失った一人の少女の名を呼んだ。


が、彼女が振り返ったそこには薄暗い路地しか広がっていない。


足元のレンガ造りの床を踏みしめた。



…当然、返事を返してくれるはずもないか。


そうして、またゆっくりと彼女は歩き出した。



リゼルヴァの暗く見える紺色の義眼は何も映してはいない。


彼女はまるで精巧に作られた美しい人形のような印象がある。


…生きているような気がしないということだろう。




フラスカーティは「パッショーネ」という組織の中の児童売買グループに恐らく攫われた。


リゼルヴァはそう考えていた。


彼女はまず、フラスカーティが攫われた場所を含め、近くに縄張りを持つギャング団を洗い出した。


それから、そのギャング団の中に子どもを売り物にするグループがあるかで更に絞った。



ーーーーそして割り出されたのが「パッショーネ」
というギャング団だったのである。


また、フラスカーティは親に捨てられて路上で暮らしてきた、ストリートチルドレンの一人であった。

フラスカーティのようなストリートチルドレンは攫われたとしても、騒ぎ立てられることはほとんどない。


あったとしても非常に稀である。


それからリゼルヴァは2年近くフラスカーティを探し続けていた。


手がかりは障害に阻まれ、見つけにくいということもあったのだろう。


ーーーーーそうして、今に至る。



今、この瞬間だって彼女はあの少女を探している。



薄暗い路地を抜け、人の声だけが聞こえる表通りに出る。


「どこ…」


ポツリと、リゼルヴァはそう呟いた。


ふと、うつむいていた顔を上げる。


「(…?)」

彼女は何か違和感を感じたようだった。



目の前の人たちの[なにか]が見える。

・・・・・ ・・・ ・・・・・・・・・・
心臓辺りに[なにか]がぼんやりとあるのが。

そしてそれらの人々は中心に2つの[なにか]を囲み、佇んでいる。



おかしな状況だった。


…緊張と好奇心。


そのようなことを彼女は人々の[なにか]からほとんど本能的に読み取っていた。

しかし、彼女にとってはどうでも良いことだったのだろう。



そこをも通り抜けようとし、リゼルヴァはそこに向かって一歩足を踏み出した。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
[なにか]というのはその人の心の状態と思われます。

フラスカーティはリゼルヴァと親しかった少女だったのでしょうか?

3話→←1.プロローグ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 4.4/10 (8 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1人がお気に入り
設定キーワード:ジョジョ , 5部   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:珠下駄ナア | 作成日時:2019年11月29日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。